素足の住まいHADASHINOSUMAI

「技術」へのこだわり【素足の住まいとは?】

「技術」へのこだわり

住まいに求められる「安心」は、年々高まっています。
地震や台風はもちろんのこと、永きに亘り安心して、そして快適に住まい続けて頂くための経年劣化にも配慮し、家を支える地盤と基礎、そして建物の構造からボルト1つに至るまで、信頼出来る工法と部材、そして確かな技術力で設計、施工を行います。

家づくりは、まず土地の調査から

炭の微粉末塗料の「バリアヘルスコート」を採用

耐震性に優れた住まいを建てる第一条件は、地盤の性質をしっかりと把握し、最も適切な設計をすることです。
素足の住まいでは、スウェーデン式サウンディング試験機を用いて地盤の硬軟や締まり具合などを徹底的に調査。地盤調査報告書に基づいて最適な基礎仕様を決定します。また、地盤保証システムにより品質保証書を発行いたします。

  • 地盤調査報告書地盤調査報告書
  • 地盤保証システム地盤保証システム

その土地の自然条件と、地盤に合った構造設計

最新鋭のCADシステムにて一邸ごとに設計

素足の住まいの構造設計は、地盤調査や立地の自然条件データを加味した上で、最新鋭のCADシステムにて一邸ごとに設計を行います。
構造バランスが良く、そして地震や台風に強い素足の住まいの建物は、国が定めた建築基準法の基準をはるかに超える耐震・耐風設計が行われています。

家を支える基礎は、頑丈な剛性基礎

素足の住まいでは、地震や台風に強く、そして白アリや湿気からも建物を守るベタ基礎を採用しています。
ベタ基礎は、建物の下部に全体的に鉄筋を配してコンクリートを流し込む工法です。
鉄筋コンクリートの面全体で建物をしっかりと支え、地震や台風などで建物にかかる衝撃を効果的に地中へ逃がせる特徴があります。
また建物の床下全体がコンクリートで覆われているため、白アリを防いだり、地面から上がってくる湿気対策にも効果を発揮します。

緻密な設計に基づく、安心の構造

建築基準法が定める基準をはるかに上回る構造耐力を実現上棟時状況

素足の住まいは、構造設計で考えられたバランス良い体力壁(筋かいでトラス構成した壁)と剛性の高い床構造(剛床パネル)により、建築基準法が定める基準をはるかに上回る構造耐力を実現しています。

繰り返しの地震に強い「制震ユニット」MIRAIE(ミライエ)

緻密な構造設計と強固な構造躯体を持つ素足の住まいでは、更に地震からの被害を最小限に抑えるために、ゴムの力で揺れを制御する耐震装置「MIRAIE(ミライエ)」を採用しています。
地震の力を効率よく逃がす独自の三角構造により、繰り返しの巨大地震からもご家族と建物を守ります。

設置イメージ画像※設置イメージ

MIRAIEイメージ写真※MIRAIEイメージ写真

技術 詳細画像※クリックで拡大します。

緩まないボルトで新築時の耐震力を長期維持

耐震座金金物「ウルトラナッター」を採用

新築時にはしっかりと締められたボルトも、地震や台風時の揺れ、そして構造材の木痩せにより、徐々に緩んでしまいます。
素足の住まいでは、こうしたボルトの緩みをなくすため、耐震座金金物「ウルトラナッター」を採用しています。
これにより、住んだ後も、新築時の構造体の強さを維持することが出来るのです。

全周基礎パッキンと壁体内通気で建物を守る

床下換気・壁体通気のイメージ図※クリックで拡大します。

素足の住まいはロング基礎パッキン仕様により全周、土台下にパッキンを敷くことで摩擦抵抗が大きくなり、地震時の水平ずれを防止します。又、土台下からの通風性も確保し土台の腐れ防止やシロアリの被害防止にも効果的です。

高性能な断熱材で室内の快適性、安全性を確保

断熱のイメージ図※クリックで拡大します。

住んでからも家計に優しい省エネ性能を実現

省エネルギー性能のイメージ図※クリックで拡大します。

  • 「木」へのこだわり
  • 「素材」へのこだわり
  • 「健康」へのこだわり
  • 「技術」へのこだわり
  • 「住み心地」へのこだわり
  • 資料請求
  • ご来場予約