ホーム2016年10月の記事一覧1ページ【建築事業部 スタッフブログ】

PM2.5(微小粒子物質)の屋外・屋内比較測定

2016年10月24日

 最近、大分でも阿蘇の火山灰が降灰しましたが、中国や国内からのPM2.5や
花粉・工場ばい煙など大気の空気品質は決して良いものではありません。
建築でも、シックハウス対策の為、24時間換気が義務付けられていますが、
そこで外気のPM2.5と室内との比較測定を実施いたしました。

 
 
大分市パークプレイスでの屋外測定状況
 
室内測定状況
 
パークでの測定結果
この住宅は、第2種換気(機械給気・自然排気)で室内が正圧なのと給気口に
高性能フィルター設置している為、約66パーセントの浸入阻止と言えると思います。
只、当日は外気のPM2.5の数値が低かったのですが、値が高いほど効果を発揮
するものと考えます。

大分市中島の住宅の場合
 
上の測定データーは、同日 中島の住宅で第3種換気(機械排気・自然給気)で
給気口にフィルターなしの住宅です。
この場合約30パーセントの除去率で、約70パーセントが浸入していたことが
言えると考えます。
当然、給気口に高性能の(ULPA・HEPA)フィルターを取り付けると捕集率が高い
メリットが有りますが、フィルターの目が細かい為 目づまりしやすく継続的給気の
確保が困難なため、交換期間が短く、それによりランニングコストが高くなるデメリットが
あります。
そこで、弊社が提案している静電気フィルターやトルネックスさんの電気集塵機能での
対応であれば、目詰まりしにくく給気が確保できると考えます。
 
上記画像はトルネックスさんの電気集塵機での鹿児島 桜島火山灰
付着状況です。(鹿児島市内で1年間使用したものだそうです)
九州地区の他の測定事例では、ハウスダストやキッチンのコンロを使用している
場合、外気より室内の方が、高い数値を示す場合があります。(第3種換気フィルターなし)

                        統括技術室  吉松

高知県 梼原の町 LCCM実験住宅

2016年10月17日

梼原を訪れるきっかけはLCCM(ライフサイクルカーボンマイナス)住宅の視察でした。
JBNさん主催で参加しましたが、ちょっと古い時のことで申し訳ありませんが、是非、書き
かったのでUPしました。


 
町内に2つあるひとつの下組のモデル住宅です。

 
慶応大学の伊香賀先生による解説でした。
ちょうど、移動の時のバスでとなりあわせでしたので色々なお話を聞く事ができました。
梼原町のHPを見ると、今でも体験宿泊が出来るようになっているようです。

                                      統括技術室 吉松

高知県 梼原の町

2016年10月17日

環境モデル都市 高知県梼原町は四万十川の源流にある四国の山の中にあるすばらしい町です。
今回ブログを書くのを思いついたのは、オリンピックメインスタジアム(新国立競技場)の設計者
である隈研吾さんの設計建物が多くあるのを過去に見ていたからです。(6年前くらい)



 
坂本龍馬が脱藩する時通った町


 
 
梼原産材を利用した雲の上ホテルと温泉施設との連絡通路施設


梼原町役場



雲の上ホテル
いずれも隈研吾さんの設計によるものです。
 
 
 
再度、訪れて見たい町です。

ガラス塗装の屋外曝露試験

2016年10月13日

 大分県産杉・桧板材のガラス塗装の屋外曝露試験を実施中です。
今まで、屋外での板材塗装の劣化が早く中々と言うものがなく、今回 某メーカーさんの浸透型
ガラス塗装による曝露試験を実行しています。
風雨を完全にさらすものと一部庇付きで、紫外線劣化、塗膜表面割れ、板材表面収縮
(重量減少)等 目視を主体に経過観察して行きます。



 
弊社 ハウジングプラザ敷地内にて南面向き屋外完全曝露状況

 
某事務所さんの桧外壁材 ガラス塗装の施工例です。

今回、下記文献を参考にさせて戴きました。
・ 塗膜の寿命えを調べる  梅原勝雄
・ 森林総合研究所 平成25年度版 研究成果選集 
  屋外で木材の美しさを長持ちさせる塗装法を開発しました。
・ ケイ酸系木材保護塗装の開発と有効性の検証 林 靜怡より

                        統括技術室  吉松逸生

                     

 

都市部に建つ 2×4 3階建 高級木造賃貸住宅が着工

2016年10月11日

大分市街地で 2×4 3階建て 賃貸住宅の工事が着工いたしました。


 
    完成イメージパース

最近、話題になったオリンピックスタジアムでも木材の利用が増えて来ています。
その要因としては、木材の利用が地球温暖化防止に役立つからです。
戦後、植林された杉等が50~60年経ち、若い成長期ほど光合成が活発でなくなり、二酸化炭素の
吸収が少なくなったので、伐採して住宅や中・大規模都市木造で利用(炭素の貯金箱)し、その後に
植林し二酸化炭素を吸収する森林の循環化を図ることが必要だからです。


 
  出典 森林と木材を活かす事典より

 
  森林資源の循環 林野庁HPより

  近年では、特に地球温暖化が進み、氷河や永久凍土が融解し中に閉じ込められた高濃度の
 メタンが大気に放出され、より一層温暖化の促進が懸念されています。
 私達の住んでいる身近な大分でも50年前には、登校時、霜柱を踏んで学校に行っていましたし、
 大分市の明野地区にあった自然の滝には、冬 ツララが下がり、それをかじっていました。
 それを、考えると温暖化が進んだことが言えると思います。

                            統括技術室  吉松逸生






 

CLTパネルの加工

2016年10月08日

CLTパネルの加工状況
我社スタッフによるCLTパネル(試験体)加工状況を紹介します。


 

 



 

CLT実験棟・2×4(6階建)実験棟視察

2016年10月08日

JBN主催で安井昇先生講義による「木造住宅の防耐火設計」研修に併せて、つくばの国土交通省国土技術
政策総合研究所内にあるCLT実験棟視察を建築事業部穴見・設計室足立・統括技術室吉松で行ってきました。


 
国土交通省国土技術政策総合研究所

 
 
 CLT実験棟

 
 2×4(6階建)実験棟
この視察に関しまして (一社)日本CLT協会 中島様  (一社)ツーバイフォー建築協会 辻村様 には
わざわざ対応細かな説明を戴き感謝申し上げます。
そして、構造ディテール等知識を得ることが出来たと供に今後の課題も見えて来ましたので、社に戻り
報告書を作成したいと思います。



 


建築事業部スタッフブログ

カテゴリー

カレンダー

<<  2016 年 10 月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログ記事の検索

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。