スタッフブログスタッフブログ

file 04 『分岐点には』

2022.06.20

  大分スタッフ 



「納得いかない」
数ヶ月前にとった自己紹介動画。
広報の菅原さんに相談すると
私の出演したルームツアー#6が、
再生回数5万回を超えたら
住宅アドバイザー自己紹介
#MATSUSHITAを
取り直そうという話になりました。


「おめでとうございます。」
「#6。5万回再生、達成しました。」
「いつ撮影いきますか?」
ありがとう!
有言実行モンスター菅原さん、
手帳を開き
「じゃあ、この日でお願いします」


撮影場所は大分川の土手。
なぜこの場所にしたのか?
どんなときでも歩き続けた松下、
1番好きな場所
「ここならありのままの自分で伝えられる」
そう思い決めました。


「今日もバッチリいこうぜ菅原さん~」
まずは、リハーサル
あぁ、でもない、こうでもないと一通り喋り、
「よし!一回、まわしてみよう」
数々の動画を撮ってきた相棒(菅原)
一発でいい感じ


しかし菅原、録画ボタンを押してなかった・・・
「え!今のよかったやん」(涙)
気を取り直し、
次は慎重に、人差し指で画面の赤丸を押す。
「よし!今度もいい感じ」


しかし、次は私のミス。
マイクがオフになっていました。
徐々に険悪な雰囲気に
そんな状況では
何度やってもかみ合わず、
休憩に・・・
2メートル離れて土手に座り込む
無言で川の流れを見つめること、40秒・・・




そのとき、2人の前をアサギマダラが
踊っているかのように横切る!
このタイミングでレアな蝶々、
さっきまで無言だったのに、はしゃぐ2人




「よし!やろうか!」
気持ちを切り替えて撮影再開。

松「この部分、もう一回いい?」
菅「どうぞ」
松「あーーー、噛んだ」
菅「もう一度、どうぞ」
松「さっきの方がよくない?」
菅「では、納得するまでいきましょう」
それから40カットほど一気に撮る。


「お疲れ様でした、これだけ撮れば十分」
菅原さんが軽快に人差し指で停止ボタンを押す。
「ふーっ、終わったー」
しかし今日は歩いたなぁ。


ここからは”#MATSUSHITA”
自己紹介動画、46秒後の話です。


お客様と真正面から向き合うとこの
大切さを知った松下は、
徐々にご契約も増え、順調と思いきや。


当時は、お客様の期待に応えるには、
まだまだ経験値が足りませんでした。
徐々にプレッシャーに押し潰されそうになり、
いつしか気持ちが弱っていきました。
「まだいける、根性だせ、頑張れ」
自分自身を鼓舞するが、
気づけば肩で深く呼吸している状態。
それでも時間は待ってくれません。


翌日の打合せ準備のため、
総務部長に連絡を入れました。
「20時過ぎに、社印を押しに行きたいので、
よろしくお願いします」
本社に着くと、私の異変に気付いた佐々木部長が
「顔、疲れてるけど大丈夫?​​​​​​」

その一言で、
持っていた風船が、
高い空に舞い上がっていくかのように、
思いの丈を話しました。
黙って最後まで話を聞いてくれた佐々木部長は、
静かに席を立ち
どこかへ・・・
5分後、そっとカップに入った暖かい飲み物を
右手に渡してくれました。
寒い日だったので、
今でもその温もりは鮮明に覚えています。
「ありがとうございます・・いただきます。」
両手でカップを持ち
数回、ふーっと冷ます。
慎重にくちに運ぶと、
優しい味がするコンソメスープでした。
黄金のスープを飲み目を閉じると、
肩の力が抜け
「今できることを精一杯しよう」
佐々木部長の優しさが覚悟へと
背中をおしてくれました。


本社を出ると、
冷たい風が容赦なく打ち付けてくる。
「一杯、飲んだから、精一杯か」と
風にかき消される程の音量で呟きました。


入社してからの3年間、
まったく通用しないとき、
分岐点がありました。

成長と気持ちが追いつかないとき、
分岐点がありました。

振り返れば、
誰かが分岐点の前に居てくれました。


「あっ!分岐点とは・・・」
そっか。
出会いや恩人が居るから、
そこには分岐点が現れるのか。


「あの場所で確認したい。」


ブログを書いていた手をとめ、
耳元からそっとイヤホンを外す。
散歩用のウェアに急いで着替えて、
大好きな土手へ向かう。



前髪を揺らす、5月の風に吹かれ、
水面に映るビルの灯を見つめながら、
ゆっくりと歩く。





人生を左右した分岐点を想い、
顔が浮かんだ人に
「ありがとうございます」
そう想った瞬間、
確信へと変わる。


どんな道でも最終的には
自分自身で選択しないといけない。
しかし、
人は一人で歩くことはできない。
どんな人と歩いたか。
どんな人に手を差し伸べられたのか。
気付くことが大切ではないのか。


分岐点に気付くとき、
必ず周りを見渡してみてください。
ほら、
あなたを支えてくれている人が、こんなに。




目の前にある一点の光を目指し、
まっすぐ歩んでいけ。
立ち止まることや、
振り返ることがあっても
めげずに歩いていけ。
生まれてきてから、
歩き方なんて誰からも教わってない。
”歩く”にメッセージがあるとするならば、
「めげずに、前へ踏み出せ」
と、私は言いたい。


明日の松下 晃雄へ


先は、まだまだ長く続いている。
だが、
振り返るとずいぶん遠くまで歩いてきたな。



西へ続く弓なりの土手を歩くときは、
めがずに前へと進め
辛い気持ちを川にながしたら
海原につくころには、
”希望”へと変わっていく。



複雑な分岐点の先には、
必ず合流点という”出会い”がある。
次は私が誰かの道標になりたいと願う。


松下 晃雄

おはよう野球2022 2戦目の結果

野球大好き、不動産店のヤノです

今回も、野球のお話

OBSおはよう野球
我らが"バタンキュー”ことアイビックBC
2戦目の報告です

今回も会場は同じく松原球場
 
まだまだ朝陽が登りきらない朝5時台に集合


ウォーミングアップ開始


少しずつ空が明るくなってきますsmiley

今年は参加チーム数が少なくて
アイビックBCはこの日が2戦目ですが
この試合に勝利すると
球場代表となり準々決勝となるんですが
相手チームも強豪ですので
年に一度の大勝負


マツシタ選手も練習を見守ります


私のほうからスタメン、打順の発表して


早朝の涼しい澄んだ空気の中


戦いが幕を開けます


まずはアイビックBCの一番星
キャプテン・ワカバヤシが放った一打
ライトの頭上を越えます


激走ツーベースで幕を開けます
初回は後続が続かず得点とはなりませんでしたが


この日はファーストで出場のナガイ選手ほか
落ち着いた守備で投手を盛り立てて



3回にオオタ代表にタイムリー
が飛び出すなど2点を先制

試合を優位に進めます


今年は2戦目からの登場となったザイツ選手も

この日はヒットは出ませんでしたが
彼の存在が外野から安定感をもたらします


リードしての終盤突入
ベンチからの声も一層大きくなります


ナカノさん、ナカマさん、ツツミ選手も
声援を送ります


そして



最終回、リードを守り切り




見事、4対2で勝利をおさめました

5年前、2017年のミラクル以来の
ベスト6進出となりました


次戦はいよいよ準々決勝
5年前はここでミラクルは止まったんですが
さらに乗り越えていけるのか
次戦に期待しましょう


次戦は6チームが出揃ったあと
再度抽選会が開かれて決まります
また報告させていただきます


今回も素敵な写真の数々は



アイビックBCが誇るカメラマン

ABE

DAN

2名が頑張って撮ってくれました
いつもサンキューです

 

山登り

2022.06.04

こんにちは!営業の河野です。

6月2日(水)お休みの日に、同僚2人とくじゅう連山に自生する

ミヤマキリシマの鑑賞と、くじゅう連山で最高峰の中岳への登頂を目指して

営業の私と堤、広報の菅原の3名でアタックしてきました。

 

朝7時半に牧ノ戸登山口を出発

 

最初の休憩 天候も悪くもなく、寒くも暑くもない快適

 
 
この日は、平日でしたがミヤマキリシマのシーズンで登山客も沢山

 

 ミヤマキリシマ撮影中

 

綺麗なお花を横目で見ながら登山

 

10時前には、久住分かれに到着 右方向は久住山 左方向は目指す中岳

 

中々の急斜面 途中右方向に進んで行くと…

 
 
大きな池が表れ、さっきまでの疲れが吹き飛んで、雄大な景色に癒されました。

​​​​​​

御池(みいけ)

​​​​​​

御池を後にして、最後の難関岩山を乗り越えて

 

ついに登頂 ここまで休憩やら含めて約3時間

ごはんを食べてないので、先程の御池の畔で


 
昼食タイム 景色の良い所での食事は美味さが100倍増しますね

 

 下山はあっという間に来た道を戻って

 

スタート地点に到着 

アイビック登山部 次回は平治岳(ひいじだけ)にアタック予定です‼

河野でした

おはよう野球2022 初戦の結果

今年も野球に夢中のヤノです

第56回OBSおはよう野球⚾

 
我らが"バタンキュー”ことアイビックBCの初戦が行われました

 
今年の会場は松原球場
朝の涼しい気候の中

今年は1回戦がシードのため
1回戦を突破してきたチームさんとの対戦です


夜が明けて徐々に明るくなる中メンバーも集まり
 

公式戦ですのでオーダー表に記入して
 

 
試合開始

 
キャプテン・ワカバヤシ選手は今年も1番セカンドで出場
 
軽快に打球を処理


かつてのエース、今年はリリーフで期待のナガイ選手はサードで出場
 
好プレーで貢献します


おはよう野球が楽しみ過ぎて1時間おきに目が覚めるというオオタ代表は

ここ一番でタイムリーヒットを放ちました



さて試合のほうはというと
 
4点リードも暗転、一挙に5点を奪われて逆転されたりしましたが
なんとかシーソーゲームを勝ち越しに成功し


最後はリリーフでナガイ選手が登板
 
無得点に抑え
見事8対7のルーズベルトゲームを制しました

 
ここ数年、初戦敗退が続いていたアイビックBC
久々のおはよう野球での勝利
快晴の天気も手伝って最高の気分での朝となりました




今回も写真撮影は我らがアイビックが誇る2人のカメラマン
アベちゃんとダンくんが撮ってくれました

 
こんな隠し撮りも

初戦を突破したたアイビックBC
次戦の相手はかなりの強豪ですが
熱戦を期待しましょう

また報告させていただきます



 

file 03 『yogiboよ』

2022.05.26

  大分スタッフ 

5月14日ぶりの登場

松下 晃雄です。

体に完全フィットする
魔法のビーズソファ
その名も「”yogibo”(ヨギボー)」
我が家は愛用歴4年
購入を考えているお客様がいるので
ブログに残そうと思います。

「リビングにはソファを置くんですか?」
間取りの打合せの会話で
上記の質問をすると
「”yogibo”を購入しようと思っています」と
何組かのお客様から連続で言われました。

「わかる!わかります!!」
かく言う松下家も、
ソファ買い替え時
色々と調べて、
ソファはもちろん
イスやベットにもなり
私たちの要望を全て叶えてくれる
「”yogibo”」を選択しました。

 



遊牧民スタイルの松下家は基本
一ヶ所にはとどまらないので、
好きな場所に移動して
使えるのが合っています。(笑)
使わないときは立てて隅に置いておけば
リビングを広く使えます。
そして、掃除。
これもすごく楽です。
”ヒョイ”っと持ち上げて、
掃除機をかけれます。
カバーも簡単に洗濯できるので衛生的。

”yogibo”購入にとても
満足しているのですが、
ただ1つだけ”デメリット”が・・・。
それは「へたり」
メンテナンスが必要というところです。
(ビーズ補充時、静電気で大変なことに)

しかし、我が家は4人家族。
毎日4人で酷使していることを思えば
仕方がないのかもしれない。

冒頭で”yogibo”愛用歴4年と書きましたが
1番愛用歴は短いのに最も駆使している
”yogibo使いの達人”がいます。
その名も”RINTA-LOW”
(息子2歳11か月)


 



いつ、
いかなるときも隙あらば”yogibo”で
ときを過ごそうとする男
 


テレビを観るときも、
絵本を見る時も
イヤイヤ期で泣いているときも
ただ単に休憩するときも
”yogibo”に身を委ねつつ、
半回転しながら背中から着地、
見事に一体化。
その姿は貫禄すら漂ってる!
 



さらに風呂上りはこんな感じだ!

※(この光景は覚えておいてください。
3か月後の#1コラムで出て来ます。)
 



思えば
「”yogibo”と”RINTA-LOW”は
首が座ってないときからの付き合いか」
泣き声も大きく、
抱っこしないと泣き止まない。
リビングをぐるぐる回り
腕も腰も崩壊寸前。
意識も、もうろうとしている頃、
腕の中でスヤスヤと眠る。
背中スイッチを発動しないよう、
両手でそっと”yogibo”へと寝かせる。


 


※赤ちゃんに使用される場合は必ず目を
離さないようにしてください。




そんな日々も
「なんか昨日のように思えるなぁ」
もうすぐ、りんたろうも3歳か・・・

AM3時45分、産声をあげた夜
一時間後
専用出入口の警備員に一礼をし、
外に出ると濡れたアスファルトからは
雨の匂いがした。
雨上がりのすんだ空気を深呼吸して、
そらを見上げると
祝福してくれてるかのように
無数の星が瞬いていたことを
”yogibo”にねそべりながら思い出に浸る。

なんでもない日、癒してくれたなぁ。
うまくいかない日、
辛い気持ちを受け止めてくれたなぁ。
体調がすぐれない日、寄り添ってくれたなぁ。
子供たちの笑顔を、支えてくれたなぁ。
大切な家族を包み込んでくれたなぁ。

ありがとう、
”yogibo”
これからもよろしくな。

りんたろう。
「誕生日はだいすきなバニラアイス、
”yogibo”で一緒にたべような」

 


お父さんより

松下 晃雄

2階リビングの生活

2022.05.20

  大分スタッフ アベブロ 

先日まで見学会をさせて頂いたお家の
お引き渡しが近づいてきました。

2階リビングに広いバルコニーを併設する
家から出たくなくなるような
すごく羨ましい空間のお家です。



2階にリビングを持ってくる事は
大分県ではあまりありません。

やはり買い物をして帰宅した際
荷物を2階まで持って上がらなければ
ならない事や、老後の事を気にされて
敬遠されることが多いからだと思います。

ただ、この2階リビング
メリットも沢山あります。

まずなんと言っても明るいです!
住宅地であれば2階建のお家がほとんど
なので、2階にリビングを持ってきた場合
明るさのイメージでは周りは
平屋ばかりになる感じです。

そして
2階にリビングがあると
周りの家と昼夜の生活時間がズレるので
窓周りの視線を気にしなくて良くなります。
もちろん、眺めも良くなります。

お風呂を一階に配置すれば
かなり広いリビングを作ることも
可能です。

また、昇り降りする事で
階段の昇降運動を強制的にできるので
足腰を自然と鍛えられます。



とまぁ、メリットは色々あるのですが
今回のお家はリビングから出れる
広いバルコニーがある事が
最大のメリットとなっております。

バルコニーなのですが、高い壁で
囲まれているので抜群の安心感と
空が見える事でめちゃくちゃ解放感が
あります。




冒頭でお話ししました通り
本当に家から出たくなくなるお家です!



平屋にすごく人気が集まっている
今日この頃ですが、土地の広さの関係で
思うように実現できないケースもあります。

将来的に2階を使わなくなるという
理由で平屋を希望されている方は
一度2階リビングも検討してみては
どうでしょうか?
思いもよらぬ発見があるかもしれませんよ。




安部

エステ体験

2022.05.16

  大分スタッフ 

こんにちは、アイビックホームの村田です。



今回のブログはとある休みの日

大学時代の友人が美容系の仕事をしておりいつも石鹸を買っているのですが、今回歯のセルフホワイトニングをしてきました。



詳しい説明は間違ってると悪いので書きませんが、まず歯にシュシュッと薬?をかけましてライトをあてて元の歯の白さを取り戻すみたいな感じです。

正直、どうなるかなぁと思っていましたが終わった後、色見本のようなサンプルと自分の歯を見比べたら、明らかに少し白くなってました

これは凄いと思い次回の予約をしています、4回程で終わるらしいので少し期待しています



その後ついでにお肌の手入れもしてもらいまいした

 

 

 

正直いつも通ってるわけではありませんが、石鹸を買うついでにたま~にケアをしてみたりしています。

自分の人生の中で、こういう体験する事は無いと思ってましたが、これも友人のおかげです

こだわりのキッチンスペース

2022.05.15

  大分スタッフ 

こんにちは! 営業の若林です。


今回は、先日完成・お引渡ししたおうちのご紹介!


  

玄関からリビングに入ると片流れ屋根に沿った

勾配天井の吹き抜け空間が広がります。

中二階スペースも視覚に飛び込み、遊び心が溢れる空間です。


そんな中でも特にこだわったのがキッチンスペース。


  

キッチンメーカーは最近人気の GRAFTEKT(グラフテクト)

カラーはこれまた人気色 べトングレー 

L型で シンク側2130 × コンロ側1680
(※現在この規格のサイズは取り扱いはございません)

さらに@850の家電収納型バックセットをコンロ横に設置

こんな組み合わせが出来るのがグラフテクトキッチンのイイトコですよね!!

L型キッチンは調理する人を囲うようにシンク・作業スペース・コンロが配置されているので

身体の向きを変えるだけの短い導線で調理がスムーズなのがポイントです!



そしてキッチンを囲む形で 造作のカウンターテーブル


  

キッチン部分の床を下げることでキッチンカウンターとテーブルの高さを揃えるのが狙いです。


今回キッチンカウンターとカウンターテーブルには、テーブルの天板の厚み分の段差を設けました。


キッチンカウンターは高圧メラミン材、カウンターはホワイトアッシュの無垢材

素材もカラーも異なります。

@40のテーブル天板分の段差があることで適度な安心感も生まれます。

  

リビングは床を@400上げています。

@400は一般的な椅子と同じ高さになるので

実際に使用するとこんな感じです。

  

カウンターの奥行は@570

食事やお子さんの勉強スペースとしても十分ですね!!


メーカー既製品のシステムキッチンと造作カウンターテーブルの組み合わせ

オーナー様のご意向をくみ取り

現場監督・職人と綿密な打ち合わせを重ねいい仕上がりになりました!!


アイビックホームはこのようなお客様のこだわりをカタチにする

専門性の高いスタッフで対応させていただいています!

何でもお気軽にご相談ください!!



若林でした。
 

 

GW明け1番!

2022.05.11

  大分スタッフ 


こんにちは、工事課の分藤です。
 

GWが!終わってしまいましたね!!
 
気持ちを切り替えお仕事お仕事です🖥
 

ー---------------------

 
さて、今年のGW明け1番のお仕事は、、、!
上棟でした!
気合いが入ります✊
 
朝8時から作業がスタートして、
9時頃からパラパラと雨が🌧
最初はパラパラ降っていた雨が、だんだんと強くなる。。
どうしようと少しハラハラ💦

ですが10時前には止んでくれました、よかったです、、!😌
お施主様から差し入れをいただき、一服して
また作業の再開!
 

 


3時頃には作業がおわり、
4時から上棟式をさせていただきました。
 


少し雨は降ってしまいましたが
無事に上棟できてよかったです!
 
これからの季節、天候が右往左往しそうなので
皆様も体調を崩されないよう
お気を付けくださいませ✊


それでは今回はこの辺で👋
 

file02 『この人から買いたい』

2022.05.08

  大分スタッフ 

4月7日ぶりの登場
松下 晃雄

「この人から買いたい」
そんな最高峰の接客を体験した日の
ことをブログに残そうと思います。



ゴルフ用のサングラスを
買いに言った時の話です。
プロスポーツ選手も
愛用している人気ブランド
その名も“オークリー”



「このモデルが欲しい!!」と
意気込んでいざ、お店へ

棚にはあの“オークリー”が
「お!こんな色もあるのか」
テンションは上がる、上がる
「よし!これにしよう!!」



近くに居た女性店員さんに
声をかけました。
「すみません、こちらのサングラスください」
すると女性店員さんは私の顔を見て、
少し考えたあと
違うモデルを紹介してくれました。
え?なんでだろう??
「お客様は“顔が面長“なので
こちらの大きいレンズのほうが
宜しいのではないでしょうか」・・・
「・・・確かに長めですが」
「でもこちらのシュッとしたサングラスが
気になるんですよ」と返した
「では、そちらの商品を
かけてみてください」すかさず返され
お気に入りのモデルをかけてみる
女性店員さんは一拍おいて
「やはり“面長“なのでこちらの
大きいレンズのほうが」
むむww!2回目の“面長”で『確信』しました。
グイグイ系の接客スタイルか!!!!
いや待てよ?
何かあるはずだ??
そこまで言うのは???
自分ならこんなリスクのある接客はしない。
もしかして、“面長“に対して、
レンズの大きさ黄金比率があるのでは?
「これは勉強だ」
もう一回お気に入りのモデルが
いいと言ってみました。

すると、この顔の長さに対して、
比率の具体例をわかりやすく説明され
(眉からアゴまでの長さ3分の1以内に収まる
サイズを基準にすると良い)
なるほどな・・・・
「シュッとしたモデルだと4分の1か」
「顔長っ」と改めて思わされました。笑
それから数回“面長“を
連発されましたが、その説明に釘付け!
比率のバランスを把握し
自分に合ったサイズ感の重要性に納得した私は

「じゃあ、こ、これください」
気づいたら“面長“の私におすすめな
サングラスを購入していました。
当初の予算よりプラス2万円でしたが、
試着してフィット感、
顔とのバランス、レンズが高性能
そこに導いてくれたあの店員さんの熱量。
金額以上の価値を感じたからこそ
決断しました。

「ああ!いい買い物したなぁっ!!」
軽い足取りで家路に着き、
鏡の前でサングラスを装着。
ん!!!!!!!!
「バッタの妖怪じゃないか」



検討しているときにあの店員さんの
話に夢中で気づかなかったけど
“面長“に大きいレンズ
まさに「バッタの妖怪です」
それでもゴルフをするときは毎回愛用
あの店員さんとの思い出のサングラス
かけ心地も申し分なくいつしか
お気に入りになっていました。

しかし別れは突然に・・・・・
そのサングラスもカートの下敷きになり
壊れてしまいました。



「落ち込んでいる場合じゃない、
次の相棒を買いに行こう」
お店に着くと、あたりを見渡し
あの店員さんを探している自分がいました。
しかしその日、会うことはなく
一人で選ぶことに。
「わかってるよ、レンズは大きめね」
あの日の『体験』を生かすことができ
買い物は終了。
商品には満足していましたが
「あの店員さんから買いたかったなぁ」
「こんな気持ちになるとは。」
商品の魅力を超える人間力を
体験させてくれた店員さん、
あなたは接客の最高峰』

バッタの妖怪サングラスを買った時のように
軽い足取りで家路につき
あの日のように鏡の前に・・・

結局どのサングラスでも
「バッタの妖怪じゃないか」笑



この経験で気付かされたことは「疑い」です。
「疑い」をもたらせてくれることで
冷静な判断ができ、
後悔のない選択をすることができました。
家づくりの世界でも同じような気がします。
耐震は?断熱性能は?保証関係は?
間取りは?デザインは?予算は?・・・
全てに「疑い」の目線をもち、
「疑い」から「信用」へ
変わった瞬間に
感動と満足が待っているのでは
ないでしょうか。
そのためには、様々な角度から
真剣に向き合い、伝えることが
お客様にとって最大の利益となる。
あの店員さんは、
私に利益をもたらしてくれました。
次は自分の番だ、いざ営業の最高峰へ

“感動“とは感じて動く
じゃあどこが?『心が』
『いい接客とは心を動かすことだ』

松下 晃雄