スタッフブログスタッフブログ

「凶運」を「強運」へ、やっぱり持ってる谷田ロングバージョン

2021.12.03

  大分スタッフ 

こんにちは

先日、娘に逢いに 横浜に行った時に

鎌倉の 鶴岡八幡宮に行き、いさみあしでおみくじを引き

「凶」を引いた 谷田でございます


 



「凶」を引き、あまりのショックに硬直していると

隣のおじさまが 何やらあそこに行けと 指をさしているではありませんか。


仕方なく 行ってみると

そこには・・・・


 


「掴み矢」なるものが


そうなんです 

中央にある矢の金色部分を願いを強くして握ると

「凶運」は「強運」に、「大凶」は「大強」へとグレードアップするわけでございます

つまり、鶴岡八幡宮では「凶」や「大凶」は当たりとほぼ同等だということなのでございます



私は 振り返り

心配そうに遠くから見ている あのおじさまに

大きく ガッツポーズを見せると

おじさまも 負けじと ガッツポーズで返してくれたのでございます


どこの誰だか 存じ上げませんが

本当にありがとうございました



谷田は無事に、 「凶運」を「強運」に変え

鶴岡八幡宮を後にしました。



そして念願の「江ノ電」に乗って


 




江ノ島へ

 


みなさま、江ノ島へ行ったことがありますでしょうか。。。。

わたくし谷田の江ノ島のイメージは・・・ はい、そうです サザンでございます。

そんな安易な感覚で 乗り込んだ「江ノ島」




実は「江ノ島」は  簡単に言えば、 山です「山」

「江ノ島に行く」というのは 「山に登る」と言っていることなんでございます


 


「江ノ島」を甘く見ていた谷田は

ゼーゼー言いながら

もうだめだ・・・死ぬ・・・助けて・・

と言いながら 入った頂上付近のお店が

『生しらす丼』の聖地



「今日の最後の生しらす丼でーす」と言って

運ばれてきたこの「生しらす丼」



信じられないくらい美味しかった

 



なんてラッキーなんでしょう

谷田はやっぱり持っている のでございます



そして、横浜駅周辺の安いホテルがどこも満室で

もう仕方なく、奮発して取った 「横浜ベイシェラトン&タワーズ」


チェックインでカウンターに行くと

『谷田様 本日はお部屋をアップグレードさせていただきました。23階のラグジュアリールームでございます。ニコッ

な・・・なぬ  ら・・らぐ・・・らぐじ・・・ん



ものすごく嬉しいのに

こんなのいつものことよーって顔をして

はいはい・・・と平常心を装ってエレベータに乗り込んだ谷田は


ボタンが反応せず、ガシャガシャ・・・・・


支配人らしき人が飛んできて
 
『谷田様 どうされましたか? はい、これをこーやって こーでございます。 私どもの説明が足りず大変申し訳ございません!』と言って

深々と頭を下げ 私を見送ってくれました




そして ついた23階は・・・

プラチナフロアー でございました

しかも 一番奥の なんだか扉がいくつもあるようなところで・・・


 

部屋の窓からは 「富士山」が見えて

な・・・なんて素敵なのーーーーーーー




谷田は やはり 持っている 確信したのでございます





滞在中、何度かフロントに電話をしたのですが

ワンコールで出て『谷田様 いかがなさいましたでしょうか?』と言って

ダッシュで部屋まで来て対応してくれました。




ホテルのどこに行っても スタッフ一人一人が

プロ意識を持って仕事をしている。そう感じました。



『横浜ベイシェラトン&タワーズホテル』 最高すぎるやろーーーー



皆様も 横浜にいかれる際は

ぜひ、『横浜ベイシェラトン&タワーズホテル』へ






そんなこんなで まさに「凶運」を「強運」に変え

最高に楽しい横浜の旅から帰ってきた谷田は






行ってきました 『相田みつを展』

みなさまご存知 「にんげんだもの」の人でございますね。


 


未熟ながら 25年近く 広告の世界に生きてきました。

この「ことばのチカラ」をとても強く感じています。



言葉ひとつで 人を励ますこともできるし
言葉ひとつで 人の命を絶つこともできてしまう・・・



言葉を扱うものとして、言葉の重みを痛感し

あらためて勉強になりました。

 



言葉といえば


先日、代表太田が

2022年1月1日掲載の新春トップインタビューの取材を受けました。

いつにも増して、熱く語っておりました。

社長に就任して5年目になる来年2022年、アイビックは代表太田の元で

さらに飛躍して参ります

 





そして 言葉といえば この方

営業 松下氏でございます。

YouTubeやインスタライブなどで大活躍中でございます。



ファンが急増中

これからも インスタライブをご視聴お願いいたします

 




そして、営業 堤氏

パンを買って喜んでおります。ハイ

以上でーす(笑)







そして そして

経営企画室 渡邊課長

ペットボトルのキャップを、まるでサンタクロースのように抱えて本社へ



アイビックSDGs 『 BIG LOVE  PROJECT 』

ただ今、皆様にアイビックのSDGsの取り組みをわかりやすくお伝えするために

ホームページを作成中です

今しばらくお待ちください


 




さあ、今年も残り一ヶ月を切りました

谷田はこの残りの一ヶ月を

また 耳から脳みそを出しながら

全力で走り抜けたいと思います





それではみなさま

次のブログでお会いしましょー


アディオス