スタッフブログスタッフブログ

file 03 『yogiboよ』

2022.05.26

  大分スタッフ 

5月14日ぶりの登場

松下 晃雄です。

体に完全フィットする
魔法のビーズソファ
その名も「”yogibo”(ヨギボー)」
我が家は愛用歴4年
購入を考えているお客様がいるので
ブログに残そうと思います。

「リビングにはソファを置くんですか?」
間取りの打合せの会話で
上記の質問をすると
「”yogibo”を購入しようと思っています」と
何組かのお客様から連続で言われました。

「わかる!わかります!!」
かく言う松下家も、
ソファ買い替え時
色々と調べて、
ソファはもちろん
イスやベットにもなり
私たちの要望を全て叶えてくれる
「”yogibo”」を選択しました。

 



遊牧民スタイルの松下家は基本
一ヶ所にはとどまらないので、
好きな場所に移動して
使えるのが合っています。(笑)
使わないときは立てて隅に置いておけば
リビングを広く使えます。
そして、掃除。
これもすごく楽です。
”ヒョイ”っと持ち上げて、
掃除機をかけれます。
カバーも簡単に洗濯できるので衛生的。

”yogibo”購入にとても
満足しているのですが、
ただ1つだけ”デメリット”が・・・。
それは「へたり」
メンテナンスが必要というところです。
(ビーズ補充時、静電気で大変なことに)

しかし、我が家は4人家族。
毎日4人で酷使していることを思えば
仕方がないのかもしれない。

冒頭で”yogibo”愛用歴4年と書きましたが
1番愛用歴は短いのに最も駆使している
”yogibo使いの達人”がいます。
その名も”RINTA-LOW”
(息子2歳11か月)


 



いつ、
いかなるときも隙あらば”yogibo”で
ときを過ごそうとする男
 


テレビを観るときも、
絵本を見る時も
イヤイヤ期で泣いているときも
ただ単に休憩するときも
”yogibo”に身を委ねつつ、
半回転しながら背中から着地、
見事に一体化。
その姿は貫禄すら漂ってる!
 



さらに風呂上りはこんな感じだ!

※(この光景は覚えておいてください。
3か月後の#1コラムで出て来ます。)
 



思えば
「”yogibo”と”RINTA-LOW”は
首が座ってないときからの付き合いか」
泣き声も大きく、
抱っこしないと泣き止まない。
リビングをぐるぐる回り
腕も腰も崩壊寸前。
意識も、もうろうとしている頃、
腕の中でスヤスヤと眠る。
背中スイッチを発動しないよう、
両手でそっと”yogibo”へと寝かせる。


 


※赤ちゃんに使用される場合は必ず目を
離さないようにしてください。




そんな日々も
「なんか昨日のように思えるなぁ」
もうすぐ、りんたろうも3歳か・・・

AM3時45分、産声をあげた夜
一時間後
専用出入口の警備員に一礼をし、
外に出ると濡れたアスファルトからは
雨の匂いがした。
雨上がりのすんだ空気を深呼吸して、
そらを見上げると
祝福してくれてるかのように
無数の星が瞬いていたことを
”yogibo”にねそべりながら思い出に浸る。

なんでもない日、癒してくれたなぁ。
うまくいかない日、
辛い気持ちを受け止めてくれたなぁ。
体調がすぐれない日、寄り添ってくれたなぁ。
子供たちの笑顔を、支えてくれたなぁ。
大切な家族を包み込んでくれたなぁ。

ありがとう、
”yogibo”
これからもよろしくな。

りんたろう。
「誕生日はだいすきなバニラアイス、
”yogibo”で一緒にたべような」

 


お父さんより

松下 晃雄