新築・戸建住宅(戸建事業部)

菅原 友世 | アイビックホーム

iBIC HOME

SUGAWARA Tomoyo

わくわくが原動力

菅原 友世 広報

私だからこそ発信できる魅力

私は「アイビックの家づくり」を体験したお客さんの一人です。また他の住宅会社やインテリア店での経験もあります。そして今はアイビックの社員です。「お客さん」「同業種」そして「社員」の3つの立場を体験しています。
そんな私だからこその視点や感性、その時々で感じてきた ”わくわく感” を、私だから表現できる方法で伝えていきたい。それだけ、アイビックには魅力が溢れていると思っています。私はアイビックの大ファンなんです。

リアルなイメージをズレなく伝えたい

アイビックの魅力は、型にハマらず、自由でオリジナルなところ。それは建物だけでなく、「人」もそうなんです。お客さまの個性やらしさも、完成した家を見るとすごく伝わってきますし、設計士・営業・工事、そしてお客さまそれぞれの組み合わせでいろんな化学反応があっておもしろい!
あとは何より社員が本当に楽しそうに仕事をしているところ。みんなの熱量を感じます。そんなみんなを見ていると、魅力である個性をもっと引き出したいし、そのリアルなイメージをズレなく伝え、発信していきたいです。

人も情報も、家も生きもの

私が知っているアイビックの魅力を伝える方法は、Webサイトや広告、インスタグラムやYouTubeなどのSNSなど。発信するもの全てが、人と同じ生きものだと思っています。
入社した日、あるモデルハウスを見学したのですが、見た目の美しさや性能の素晴らしさはもちろん、作り手の想いや熱量を感じて、衝撃を受けました。家も生きてるんだと思ってとても感動したんです。
あの心を動かされる ”わくわく感”を、もっと多くの人に伝えていきたいです。

見て感じること

そんな体験と、まわりが与えてくれる影響から、自分が「見て感じる」ことを1番大切にしています。伝えたいから実際に見て感じたいですし、そうやって自分の中に生まれる発想や感覚を信じて、自分も更新しながら発信し続けていきたいです。
それって型にハマらない自由なアイビックらしさそのものだとも思うんです。

SUGAWARA Tomoyo

菅原 友世 広報

菅原 友世

SUGAWARA Tomoyo

菅原 友世 広報

菅原って
本気のことには見て納得しないと気が済まない。。
菅原は
スイカとアップルパイが大好き。

STAFF BLOG

「菅原 友世」の投稿ブログ

2023年もよろしくお願いします!

2023年もよろしくお願いします!

こんにちは! 昨年末に娘と東京へ行き、おみくじで「凶」をひいた 菅原です。     凶なんてひいたの初めてです!!読まずに結んできました。     さて、「凶」は昨年のハナシ。 2023年は新たな気持ちで頑張ります!!     さっそく新年1発目!! 1月14日(土)・15日(日)にTOSテレビ大分さんでで開催された TOSマイホームの夢 新春フェア2023 に、 私たちアイビックホームも参加させていただきました! コロナ禍ということもあり、このイベントは3年ぶりだったそう。   私自身は、入社して初めての参加でした。   2日間、大分市内はぐずついたお天気でしたが、たくさんのお客様に足を運んでいただき、 とても楽しいイベントでした。   あかちゃんや小さなお子様が参加するイベントもあり、大盛況!! 癒された2日間でもありました。     そして!なんと!! 会場に高校の同級生でもある友人が2人!! (TOSの織田さんと、おうちの買い方相談室の額賀さん)     普段からよく会っている友人と、こうして一緒にお仕事をするって、なんとも感慨深い!!     2日間のイベント翌日は、 別府市亀川にある結婚式場「アプロッシュ」さんにお邪魔してきました。 またこちらでも、イベントを開催できればと計画中です。     帰りにはでっかい虹を見つけました! これで昨年の「凶」は払拭です!! まだまだコロナ禍で、以前のようにとはいきませんが、 少しづつイベントも開催できそうです。 ぜひ、おこしくださいね♪       最後に・・ 娘がこの春、小学校を卒業します! ついに中学生に! 子どもたちもどんどん大人に近づき、 また新たなステージへ突入しつつある育児(というか、もう私の方が育てられている感じですが・・)も  より楽しんでいきたいと思います!     菅原でした。

ホームページリニューアルのこと

ホームページリニューアルのこと

みなさんは、普段どんなことに わくわく しますか?   何を見て、どんなものをイメージした時に わくわく しますか?   家づくりに関してはどうでしょう?   一生に一度の家づくり。たくさん情報収集をしますよね?   情報収集をして、実物を見にいったり、話をきいたり、じっくり考えて家づくりをされると思います。   いざ家づくりをする時、わくわくしながら想像していたものと、ちょっと違ったら? もし、思っていたものから進化して、変わっていたら??   本日、10月27日、アイビックホームのホームページが、全面リニューアルしました。   今回のブログでは、当ホームページのリニューアルについての想いを振り返り、 新しくなったホームページについて少しご紹介させていただきたいと思います。     数年前、私は「自分たちの好きなように家づくりをしたい」と思い、アイビックの家づくりを体験したお客さんの1人でした。   当時、わくわくしながら家づくりを体験し、完成した家をみて、とても感動したことをよく覚えています。   そんなこともきっかけで入社し、現在はアイビックの広報としてホームページやSNSで発信することに携わっています。   お客さま それぞれの特別な想いが詰まった家や、 それを心からたのしんでつくっている人たち、 そんなたくさんの魅力に感動し、日々、発信をしています。   そんななかで、少しもどかしさを感じていました。   「あれ? 自分が家づくりをした時から、かなり進化している・・」   ここ数年で、時代の流れはどんどん早くなり、家の性能もスタイルもどんどん進化しました。 もちろん家にはトレンドや好みもありますが、 ただ、変わったのではなく、その時々の良さを持ったまま、進化しているのです。   家も人も、生きものです。 人間が成長するのと同じように、ものって日々進化していますよね。   それは情報も同じ。   日々、そんな進化を目の当たりにして、私はいつもわくわくしています。   でも、家づくりを考えている人がアイビックのホームページを見てくれていたとして、実際には伝わりきれているだろうか・・   もっと、魅力を知らせたい。   見る人が、どんな家にしたいのか、どんな感じが好きか、   もっとわくわくしながら想像してほしい。   だから、ホームページも進化させたいし、もっと知りたい情報をまっすぐ届けたい。   そんな思いから、 新しいホームページでは、わくわくしながら参考にしていただけるように、 デザインから中身の全てに、リアルなアイビックを詰め込んでいます。   そして、もっと参考にしてもらえるように、新しいコンテンツも準備しています。   1つは、「お客さまインタビュー」   実際にアイビックで家づくりを体験したお施主様のご自宅へおじゃまし、インタビューをさせていただいています。 家づくりへの想いや、それぞれのこだわりポイントなどなど、たくさんのお話を聞かせていただいています。 そこにはやっぱり笑顔のご家族がいて、インタビューをした私たちも、とても幸せな気分にさせていただきました。わくわくが止まりませんでした。   もう1つは、社員の書く「家づくりコラム」   日々最前線で家づくりに携わっているアイビックの社員が、知識だけでなく、熱心な想いや感性を込めて綴る、オリジナルのコラムです。 少しでも参考になると嬉しいです。 書いている社員は、記事が完成するたび、読んでいただけることを心待ちにし、わくわくしています。 オリジナルなだけに少々アツすぎたり、マニアックな部分もありますが、おもしろいので絶対読んでいただきたい!!   そのほかにも、アイビックの家づくりってどんなものなのか、 これまでどんな家をつくってきたのか、どんなスタッフがいるのかも、全てがリアルで見やすくなっています。   家づくりをされる際、もっと使いやすいように「お気に入り」ボタンも作りました。 気に入ったページや記事は、どんどん「お気に入り」に保存して、設計士や営業に「こうしたい!」と見せていただけるとうれしいです!   ほしい情報や見たい写真が検索できるように、検索ボタンも作りました。 「これいいな」と思ったら、ぜひ「お気に入り」へ。 ちなみに家の写真の多くは、営業の安部さんが撮ったもの。 家づくりマニアならではの視点で撮った写真は、かなり参考になるはずです。       わくわくするってなんでしょう??   すきなことや、すきなものには自然とわくわくする。   私は、きっと1番の原点だと思います。   わくわくするって、人の心が動くこと。   家づくりも、もの って全て、その時感じるわくわく感から生まれてくると思います。   このホームページから、自分のまだ知らないわくわくに出会ってほしい。   そんな願いを込めて、これからも私たちは発信し続けていきます。   最後に。 アイビックの魅力は、つくる建物はもちろん、「人」に魅力があります。 お客さまもスタッフも、設計士も職人さんも。 関わる全ての人が、わくわくを生み出す天才です! 私はそんなアイビックの大ファンです。   2022年10月27日 広報 菅原 友世  

COLUMN

「菅原 友世」の投稿コラム

現在、投稿されているコラムはありません。

 

検索ワードを入力してください。