スタッフブログスタッフブログ バタンキュー一覧 1ページ目

2019おはよう野球 1回戦

野球大好き、メガネのヤノです

少しずつ眼も戻ってきてまして

まだコンタクトと半々くらいです



さて、この時期は

おはよう野球の時期です



今年も「アイビックBC」として参戦してきました

その初戦の報告を。



今年も一回戦から屈指の優勝候補

一昨年の優勝チーム「大徳電業」さんと

一回戦から対戦することになってしまいました



しかし、相手にとって不足はないと

朝からアップに熱が入っているバタンキュー

 


なんだかいい雰囲気でこれなら期待できるかな

と思ったんですが

相手チームもさすがは名だたる強豪チーム

集合時間でもアップでも存在感をいかんなく見せつけてきます



バタンキューも一昨年の快進撃の立役者ナガイ君が

 

昨年の不調を乗り越えて
あの輝きを取り戻すべくウォーミングアップ

元球児の雰囲気を漂わせますがブランクを考慮して

切り札的に投入されることになり
今年も先発マウンドにはフトシくんに上がってもらいます


 
いよいよ試合開始

なんとか高めた守備力を活かすためにも

先制点がほしいと先攻を選択



しかし

相手チームのエースの高めの速球は力強く

バタンキュー自慢の上位打線はねじ伏せられてしまい


その裏に3点の先制を許す苦しい立ち上がりとなります


2回、4番ヒコクボ店長のヒットから
 

 

チャンスをつかむも快音続かず0点で終わってしまいました


しかし2回の守りでは失点を1点にとどめると

待望の反撃


キャプテン・ワカバヤシが出塁したところで
 


 
オオタ代表が狙い撃ち


 

打球はレフトの上空をはるか高く超え、舞鶴球場の40m道路側フェンスまでもう少しというところまで到達


 

ワカバヤシが必死の形相でホームイン

強豪相手に一歩も引かない戦いを見せます



ここで次のイニングから
ナガイくんを投入
 

しましたがまだまだ本調子には程遠かったナガイくん

相手チームの強力打線につかまり

大きな7点を失ってしまいます



 
そこからも途中出場のマツシタくんのタイムリー2塁打


ワカバヤシもヒット出て追い上げましたが



残念ながら11対5で今年も初戦で敗退することになってしまいました



おはよう野球で2年間勝利から遠ざかることになってしまったバタンキュー

朝早くからみんなで野球をワイワイやることに意味はあるんですけど

やっぱり勝ちたいです

勝利の報告ができるようにまだまだバタンキュー頑張ります


おはよう野球はまた来年



 

バタンキュー 秋のリーグ戦

メガネの矢野です

メジャーリーグもリーグ優勝決定戦

日本のプロ野球もクライマックスシリーズで盛り上がっていますが

 
菅野のノーヒットノーランはスゴイです
この勢いならカープともいい勝負になるかも…と感じます


そんなスゴイことがあった夜

我らがバタンキューも秋のリーグ戦
「チーム元」さんと戦っておりました

 

この夜はそれぞれに用事がある人が多く、人数ギリギリでの戦いになりましたので
私も試合前のアップに参加、あと左肩が悪いため守備だけですがファーストで出場

そんな状況でしたので大敗してしまうかと思ったんですが
助っ人選手の活躍により試合は白熱の展開に



まずは初回から
 


先頭の助っ人くん出塁のあとワカバヤシ選手が四球を選び走者を貯めると


 
今日も元気なオオタ代表の強烈な一撃


右中間をギューんと破ってフェンスをすり抜けてしまいました
エンタイトルツーベースです


このあと暴投などで3点を先制しますが

その裏、初回の守備で
 

 
昨年の同じチーム元さん戦でのケガが頭をよぎったのか
オオタ代表のまさかの落球など守備が乱れてしまい、2点を献上します


試合はここから3対2で膠着状態へ


でも、この夜は人数がギリギリなので
いつもはそんなに出番のない人たちにいつもより多くの出場機会が


ライトでフル出場のダン選手


 
ダイナミックなスイングでベンチを沸かせました




前回は出場なかったムラタ選手も打席へ
 
コンパクトにバットを合わせていきましたが惜しくもヒットは出ず



そしていつもはカメラを持つ手にバットを持ち替えて出場したアベ広報
 
出場後にはまたカメラでみんなを撮ってくれました


このあと途中で3対3に追いつかれましたが



ニシダ選手の久々の3塁打で勝ち越しのチャンス

走りました

 
3塁まで走ってヘトヘトの様子です


このチャンスも

 
ピッチャーゴロに飛び出してしまい憤死
やはりヘトヘトでした



人数キビシイ中でも白熱の接戦を繰り広げるバタンキューですが
勝ち越すことはできず同点で最終回へ


すると最終回は守備の乱れも重なってしまい
ノーアウト満塁のピンチに押し出し四球でサヨナラ負けとなってしまいました


負けたのは残念でしたが、ホント良くみんな頑張ってくれて楽しい試合でした
チーム元さん、また来年もリーグ戦よろしくお願いします



-追伸-

私が持っているのは審判用インジケーター
ボールカウントやアウトカウントを数えます
 
味方の攻撃時にはずっと審判してたんですが
これあるとやっぱりカウント間違いなくて良かったです

仕事でもそうですが新しい道具を持つと楽しいものですね
そんなことを感じた秋のリーグ戦でした


 

バタンキュー 夏の練習試合

メガネの矢野です




 

今年もウチの地区では最後の1週間だけラジオ体操が行われました

そんな夏休みも終わりです

大分市では明日から公立学校では2学期ですね



夏が終わったといえば

 

100回の記念大会だった甲子園も最高に盛り上がって終わりましたし

個人的にはこの大阪桐蔭のエース柿木くんと金足農業のエース吉田君が
マウンドで並んで土集めてる様子にグッときました

近江高校がサヨナラ負けした後の
グランドの土集めながらの「あいつ半端ないって」も感動しましたが

最高に楽しませてもらった今年の甲子園でしたね


そもそも金足農業は私が小学校の時に出場した大会でも……

桑田清原のいたPL学園と大接戦を演じて………

というのは長くなりますので
また別の機会にお話をすることにして



アイビックの草野球チーム
我らがバタンキューの先日の試合の様子を


なかなか今年の猛暑のなかでは試合が組みにくかったんですが

今回は最近できたばかりのチームさんから練習試合のお誘いいただきまして


 

夕暮れ時の日吉原球場に集合


 

相変わらずの集まりの良さ
集合時間では相手チームを圧倒します

季節がらベンチにはアベ広報が買い込んできてくれた蚊取り線香が3個と虫対策もバッチリです



 

照明灯も点灯し



 

整列して試合開始です

 

肝心の試合内容ですが…

さすがにできたばかりの相手チーム「スワット」さんはみんな若く

平均年齢は27歳

先発の経験豊富そうな左腕投手に、快速球の右腕投手に、強肩の捕手、快速の野手陣など

若い力に満ちていました


しかし、我らがバタンキューもまだまだやれるメンバーばかり


 
まずはマウンドにあがったキタジマ投手がコントロールと投球術を披露
味方の守備の乱れもあり失点はしましたが相手打者を苦しめていました



 
この日も会心のヒットを放ったヒコクボ室長
まだまだ若い



 
快速球にもしっかりタイミングを合わせてスイングするツツミ店長もまだまだやります



 
この日も3番に座り出塁したオオタ代表
相手投手のギアが上がって厳しいコースばかりくるので審判の私もドキドキです



 
バタンキューでは一番大きな当たりを放ったナガイ選手
投げるほうは不調が続きますが、打つほうでは存在感を示しました



 
前回より試合慣れしてきたタケモト選手
次回は初ヒットだ



 
球場一番乗りでスタメンを勝ち取ったDANカワノ選手
残念ながら空振り三振でしたが今日も元気イッパイでした




結果は3対11で敗れました

しかしバタンキューみんなで若い力で立ち向かいまして3点を取りました



暑い夜でしたがみんなでいい汗かかせていただきました

またバタンキューの楽しい野球の様子をアップします





最後に


 相手チームに敬意を表してオオタ代表が

 

「アイツら、半端ないって



 
「アイツら、半端ないって
 

OBSおはよう野球2018:1回戦

メガネの矢野です

大分の草野球チームの甲子園
OBSおはよう野球
2018年もこの季節がやってまいりました


われらがバタンキュー、アイビックBC 
今年の初戦の相手は「うーまくー」さん
去年は優勝チームの大徳電業さんに
接戦の末、敗れている強豪チームです

敵にとって不足はなし

ということで試合前の準備風景から
 
朝の5時前にはアベ広報も写真撮影を始めてくれてました


もう少しで夜が明ける
いつもの雰囲気です

 
集まりの良さではわれらがアイビックの圧勝
オオタ代表、タケモト選手を筆頭にどんどん集まります
9番の新品ユニフォームがいいね


 
ウォーミングアップ開始
まだ夜は明けてませんので暗いですね

 
ツツミ選手も
 


ダン選手と今年から参加のタケモト選手


ムラタ選手も


ヒコクボ選手も

 
オオタ代表も

みんなノック受けたりアップしている間に


対戦チームも人数がそろいまして
 

私はメンバー表を記入して提出
 

昨年の絶対的エース、ナガイ選手は今年はピッチングの調子が上がっておらず
それでも打つほうに期待していたのですが
現場の関係で前日に不参加が決定
マウンドにはフトシ選手に上がってもらいます


緊張のメンバー発表
 
 

いよいよ整列


試合開始
 


やはり、初回の立ち上がりの難しさでしょうか
ややコントロールが定まらず
ランナーを出してしまうと


守備もやや乱れてしまい
 

ランナーをためてしまったところで


 
レフト、サイキ選手の頭上を越える痛烈な一撃で走者一掃cheeky


 
初回にいきなり4点のビハインドを背負ってしまいます




それでも2回以降はバタンキューも落ち着きを取り戻し
 

 
守るほうではリズムを作っていきます



するとヒコクボ選手が出塁
 

反撃していきたいところ
ベンチは盛り上がります


ここでワカバヤシ選手
 

ニシダ選手
 

後続の選手に対して相手チームのエースも快速球を投げ込んできます


 
点差を縮めていきたかったバタンキューでしたが抑え込まれました




その後も守備ではセンターのヒコクボ選手の好プレーもあり
相手チームに追加点は許しませんが




 
快速球をとらえられぬまま

試合は終盤へ

そして、4回でした


オオタ代表がとらえた痛烈な一撃


 
レフトオーバーの三塁打となります

押せ押せのバタンキュー
勝利のためにもここはまず1点取りたいところ


そしてサイキ選手がジャストミートした打球は

ジャストミートした打球は
なんということか
相手投手のグローブにすっぽり収まるピッチャーライナー

誰もがセンター前にタイムリーヒットと思った打球でしたが
この回も無得点に終わってしまいます


このあと1点を追加され
下位打線での最終回も残念ながら無得点


 

今年のおはよう野球
われらがバタンキュー、アイビックBCとしては2年ぶりの初戦敗退となってしまいした

今年は昨年のように蒸し暑い中のおはよう野球を経験する前に敗退することになってしまいましてホントに残念です

来年の捲土重来を期して
今年のおはよう野球2018メンバーで記念撮影


 

追伸ですが

みんな不完全燃焼だったようで
「試合しましょう組んでください」と言われてますので
また試合して、われらがバタンキューの様子を報告させていただきます