新築・戸建住宅(戸建事業部)

若林 秀伸 | アイビックホーム

iBIC HOME

WAKABAYASHI Hidenobu

真心をもって想いに応えたい。

若林 秀伸 営業

夢の実現サポートが私の仕事=志事です。

幼少期、「自分の部屋が欲しい」というのが夢で、よくモデルハウスのチラシを眺めたりしていました。実家がマイホームを建てることになり、住宅展示場に行った時、夢の詰まった展示場で接客してくれた営業の方がすごくかっこよくて。その時「夢のマイホームのお手伝いがしたい」と想ったのがきっかけです。子供の頃から家に関することが好きだったんですよね。

最善のサポートができるよう、細かいことも見逃しません。

それからの私は住宅業界一筋。学生の頃から建築を学び、2級建築士の資格も取得しました。なので設計に関しても詳しいですし、細かい事も見逃さず、最善のサポートができるよう、取り組んでいます。これらも学びを止めず、もっと良いご提案ができるように専門知識も深めていきたいですね。

想った以上、想像以上のご提案を。

家づくりをするにあたって、いろんな想いがある中で、縁あって住宅営業である私に夢を託してくださるお客さまには、想った以上、想像以上のご提案をして喜ばせたいです。
お客さまからもらう「ありがとう」は自分も満たされ、感動が生まれ、やりがいを感じます。

真心をもって想いに応えたい。

私の人生理念は、「愛・誠実・感謝」です。自分を愛するのと同じように相手も愛し、真心を持って相手や物事に接する。そして何事にも感謝し、される人間になる。相手の幸せが私の幸せだと心から思いますし、そこには笑顔が必ずあります。だから、どうにかしてお客さまの想いに応えたい。その想いはだれよりも強く持っている自信があります。

大切なお客さまのために。

かれこれ人生の約半分、この仕事でたくさんの幸せをもらってきました。これからも、アイビックで建てていただいた全てのお客さま、一緒に働く仲間がもっと幸せになれるように、いろんなことを学んで、守れるようになりたい。
なので、採用にも力を入れています。同じように想いを持った人と一緒に、もっと素敵な会社にしていきたいです。それがお客さまを守ることにも繋がると信じています。

WAKABAYASHI Hidenobu

若林 秀伸 営業

WAKABAYASHI Hidenobu

若林 秀伸 営業

特技
建っている家の住宅会社を当てること
若林さんとは?
住宅営業をするために生まれてきました。

PROPERTY IN CHARGE

「若林 秀伸」が担当した住まい

片流れの家

Works No.60

「 片流れの家 」

大きな吹抜けがある家

Works No.48

「 大きな吹抜けがある家 」

中庭を囲むコの字型の家

Works No.47

「 中庭を囲むコの字型の家 」

庭を囲むL型の家

Works No.46

「 庭を囲むL型の家 」

趣味を楽しむスキップフロアがある家

Works No.45

「 趣味を楽しむスキップフロアがある家 」

STAFF BLOG

「若林 秀伸」の投稿ブログ

インターンシップを開催しました

インターンシップを開催しました

秋の気配を感じる季節になってきました。 こんにちは。営業の若林です。 9月の下旬 数日間に渡って、来年の就職活動生に向けたインターンシップを開催しました。 今回は、NBU日本文理大学の学生と、県立工科短期大学校の生徒さんに参加していただきました。    初日 畑中ショールームの中野によるオリエンテーション。 まずは、アイビックについていろいろと知っていただきます。    初日後半は早速実践。 設計部 木牟禮による設計研修。 確認申請業務や間取りのゾーニングを体験していただきました。 設計業務に興味がある学生さんは興味津々でしたよ!    2日目は積算部の清澤が住宅見積りの拾い出し研修。 緻密な積算、学生さんは頭がパンクしたようです・・・(笑) 数値が合致した時の達成感は格別だったはず! 3日目は私 若林が担当した営業・工事研修    まずは朝一番で豊後大野市千歳町で地鎮祭       地鎮祭の参加体験! この日は地元のお寺さんによる仏式の地鎮祭で 私自身も良い経験になりました! 帰り際にオーナー様が学生に 「頑張ってね!家が完成したら見に来てね!」 と、声を掛けられていました。 お客様の温かさに触れた瞬間でした。 その後湯布院の棟上げ現場へ    ここでは現場監督 市川による技術的な研修です!    墨出しのお手伝いもしていただきました!    上棟式の準備に    餅まきのお手伝い なかなか体験することのできない 良い経験になったのではないかと思います! 家が建っていくのを楽しそうに眺めるオーナー様の幸せそうな姿を目の当たりにし 家づくりに携わることの素晴らしさを伝えることが出来たのかなと。 私自身も改めて住宅営業の素晴らしさを感じ、心が満たされました。 その後も、建築事業部による研修。 住宅展示場での営業研修と 内容盛りだくさんのインターンシップとなりました! ご協力いただいたオーナー様、参加いただいた学生の皆さんに感謝します。 ありがとうございました! 私たちはこのような形で随時インターンシップを開催しています。 個別でのお問い合わせにも対応させていただいてます! お気軽にお問い合わせくださいね! 以上 若林でした!!  

こだわりのキッチンスペース

こだわりのキッチンスペース

こんにちは! 営業の若林です。 今回は、先日完成・お引渡ししたおうちのご紹介! 玄関からリビングに入ると片流れ屋根に沿った 勾配天井の吹き抜け空間が広がります。 中二階スペースも視覚に飛び込み、遊び心が溢れる空間です。 そんな中でも特にこだわったのがキッチンスペース。 キッチンメーカーは最近人気の GRAFTEKT(グラフテクト) カラーはこれまた人気色 べトングレー  L型で シンク側2130 × コンロ側1680 (※現在この規格のサイズは取り扱いはございません) さらに@850の家電収納型バックセットをコンロ横に設置 こんな組み合わせが出来るのがグラフテクトキッチンのイイトコですよね!! L型キッチンは調理する人を囲うようにシンク・作業スペース・コンロが配置されているので 身体の向きを変えるだけの短い導線で調理がスムーズなのがポイントです! そしてキッチンを囲む形で 造作のカウンターテーブル キッチン部分の床を下げることでキッチンカウンターとテーブルの高さを揃えるのが狙いです。 今回キッチンカウンターとカウンターテーブルには、テーブルの天板の厚み分の段差を設けました。 キッチンカウンターは高圧メラミン材、カウンターはホワイトアッシュの無垢材 素材もカラーも異なります。 @40のテーブル天板分の段差があることで適度な安心感も生まれます。 リビングは床を@400上げています。 @400は一般的な椅子と同じ高さになるので 実際に使用するとこんな感じです。 カウンターの奥行は@570 食事やお子さんの勉強スペースとしても十分ですね!! メーカー既製品のシステムキッチンと造作カウンターテーブルの組み合わせ オーナー様のご意向をくみ取り 現場監督・職人と綿密な打ち合わせを重ねいい仕上がりになりました!! アイビックホームはこのようなお客様のこだわりをカタチにする 専門性の高いスタッフで対応させていただいています! 何でもお気軽にご相談ください!! 若林でした。  

COLUMN

「若林 秀伸」の投稿コラム

現在、投稿されているコラムはありません。

 

検索ワードを入力してください。