新築・戸建住宅(戸建事業部)

安部 考功 | アイビックホーム

iBIC HOME

ABE Takanori

120%で応えたい。

安部 考功 営業

家づくりは知れば知るほど楽しいです

父が大工だったこともあり、幼い頃から家づくりを見て育ちました。
設計や現場監督の仕事も経験し、家づくりを知れば知るほど、お客さま(お施主様)と直接関わりサポートしたい!と思ったのをきっかけに、今に至ります。
今思うと、「なるべくしてなったんだな」と思います。だってすごく楽しいですから!

「やりたいこと」も「性能」も。

100人いれば100通りの想いやこだわりがあると思うんですが、その人のこだわりや、やりたい事をを見つけて叶てほしい。私自身、凝り性だし、こだわるって気持ちがすごくわかります。
でもやりたいことだけでなく、共通して大事な部分も両方かけ合わせるのが大切だと思います。例えば、性能ですね。

大切なのは、健康で快適に暮らすこと。

性能にこだわるのは、オタク気質な事もあるんですが、先輩たちの影響も大きいです。
勧められた本や考えに触れているうち、「これは売る立場として、伝える責任がある」と思ったんです。健康で快適に暮らす事。長く住む家なので、これは何より大切ですよね。健康あっての暮らしですから。だから妥協せず伝えています。

「家」ってアイデンティティだと思うんです。

家を建てるって、ライフプランのうち1番大きな事ですが、その前に
「家」ってアイデンティティだと思うんです。家=自分。自分の「好き」に囲まれて、「好き」に生きる。それを安心・安全で快適に整えるお手伝いが私の仕事だと思っています。
だから、1つ1つこだわって、寄り添って、オンリーワンの家づくりを続けていきたいです。

120%で応えます‼︎

アイビックの家は、他ではできないような間取りや、マニアックな納まりまで、全力で応えるところが魅力です。実際にこれまでもそういった事例がたくさん!僕にとってはどれも大切な思い出です。毎回楽しいし、勉強にもなるし、すごく覚えています。全部自慢ですね。
だから、まずは「やりたいこと」を気兼ねなくぶつけてほしい。
せっかくつくるなら、前向きに、可能性を諦めずに。一緒にたのしんで、120%で応えたい。どんな事も、きっと方法が見つかるはずなので!

ABE Takanori

安部 考功 営業

ABE Takanori

安部 考功 営業

安部さんって?
プライベートでもオタクです。アニメとかが好きです。
安部さんって??
褒められると伸びるタイプです。

PROPERTY IN CHARGE

「安部 考功」が担当した住まい

ロフト付きの平屋

Works No.69

「 ロフト付きの平屋 」

贅沢スカイテラスのある2階リビングの家。

Works No.66

「 贅沢スカイテラスのある2階リビングの家。 」

圧倒的な眺望を活かした高性能な平屋

Works No.24

「 圧倒的な眺望を活かした高性能な平屋 」

ダウンリビングとボルタリングが特徴的な住まい

Works No.23

「 ダウンリビングとボルタリングが特徴的な住まい 」

広大なインナーバルコニーのある2世帯住宅

Works No.22

「 広大なインナーバルコニーのある2世帯住宅 」

STAFF BLOG

「安部 考功」の投稿ブログ

2階リビングの生活

2階リビングの生活

先日まで見学会をさせて頂いたお家の お引き渡しが近づいてきました。 2階リビングに広いバルコニーを併設する 家から出たくなくなるような すごく羨ましい空間のお家です。 2階にリビングを持ってくる事は 大分県ではあまりありません。 やはり買い物をして帰宅した際 荷物を2階まで持って上がらなければ ならない事や、老後の事を気にされて 敬遠されることが多いからだと思います。 ただ、この2階リビング メリットも沢山あります。 まずなんと言っても明るいです! 住宅地であれば2階建のお家がほとんど なので、2階にリビングを持ってきた場合 明るさのイメージでは周りは 平屋ばかりになる感じです。 そして 2階にリビングがあると 周りの家と昼夜の生活時間がズレるので 窓周りの視線を気にしなくて良くなります。 もちろん、眺めも良くなります。 お風呂を一階に配置すれば かなり広いリビングを作ることも 可能です。 また、昇り降りする事で 階段の昇降運動を強制的にできるので 足腰を自然と鍛えられます。 とまぁ、メリットは色々あるのですが 今回のお家はリビングから出れる 広いバルコニーがある事が 最大のメリットとなっております。 バルコニーなのですが、高い壁で 囲まれているので抜群の安心感と 空が見える事でめちゃくちゃ解放感が あります。 冒頭でお話ししました通り 本当に家から出たくなくなるお家です! 平屋にすごく人気が集まっている 今日この頃ですが、土地の広さの関係で 思うように実現できないケースもあります。 将来的に2階を使わなくなるという 理由で平屋を希望されている方は 一度2階リビングも検討してみては どうでしょうか? 思いもよらぬ発見があるかもしれませんよ。 安部

オープンハウス @ 別府市荘園

オープンハウス @ 別府市荘園

アイビックの今年のGWはアツいですよ!! なんと完成見学会が2会場同時であります。 こちらからチェック オーナー様には本当に、本当に感謝です。 タイトルにもありますが 私は今回 別府のお客様を 担当させて頂いてます。 ですので 思い入れも強い こちらの建物についてちょっと 解説させて下さい! 今回のオーナー様は 元々住宅購入を検討していなかったとの事でした しかし、コロナ禍になり 外出が制限される中で 長時間過ごす「家」と言うものについて 考えるようになったとの事です。 そんな折、アイビックの展示場で おうち時間を楽しく過ごせる 空間を見て頂き、 考え方にも共感いただけまして 購入を検討していただける事となりました。 そうなんです。 今回のお家は 家での時間がすんごく楽しくなるおうち なんです。 土地は南側が少し高くなっており そこの土地に建つ建物も 住宅で2階建ての割には高さのある ものとなっており、決して 「日当たりの良い土地」 と言うわけではありませんでした。 ただエリアと エリアに対する金額は良く 更に温泉もついている そんな場所でした。 土地に選びに関して 私は常々 購入を検討されているお客様に 100%満足のいく土地 とはまず出会えないと思って下さい とお伝えしております。 何が妥協できて、何を譲れないのか パートナーの方と話し合い お互いの7割程度が満足できる そんな場所があればそこは買いです と もちろんそこにプロの目は必ず 必要にはなりますが・・ 今回はどうだったか? 実は 「日当たりの良さ」は 妥協できるポイント ではありませんでした。 そうですよね 多くの方はそうなんじゃないかと思います。 では、何故購入に踏み切れたのか・・ それは今回の希望の建物が 2階にリビングがあるプランだったからです アイビックは一級建築士と 直に 納得いくまで 打ち合わせを進める事ができるところが 他社さんと違う点の一つですが、 プロの設計士に任せることで 日当たりの悪さを 緩和させるプランの提案も何度もさせて いただいてます。 ただこれは心理的に 「本当に大丈夫?」 ってなるケースも多く 土地を買う際、 背中を押してくれる材料としては 弱いかもしれません。 しかし 2階にリビングがある と言う今回のパターンであれば 現地でのイメージもし易く 購入へと踏み切れる材料に して頂けたのではないかと思います。 さて 前振りが長くなりましたが、 そんな背景や土地に建つ建物が 今回の見学会です。 外壁正面には人気高騰中のSOLIDを貼り アクセントにレッドシダーを使ってます。 床はアカシア、リビング天井にも レッドシダーを貼ってますので 木目の美しさや温かみを存分に味わえます。 キッチンとダイニングテーブルはグラフテクト 一種換気システム 「澄家」と 床下エアコンの組み合わせ C値は0.4㎠/㎡と超高気密 大きい窓には樹脂サッシの真空トリプルガラス そして、そして なんと言っても2階にスカイバルコニー デザイン・性能・楽しさ どれも諦めない、アイビックらしい お家になってます。 5月15日まで見学できますので ぜひこのチャンスに ご見学に来てみて下さい ご予約はこちら 安部

COLUMN

「安部 考功」の投稿コラム

知らなきゃヤバい!「気密」の機密

知らなきゃヤバい!「気密」の機密

家づくりマニア 安部のつぶやきコラム 「知らなきゃヤバい!「気密」の機密」   突然ですが(2回目)  家の「気密性能」って興味ありますか?   なーんか 難しそうで、 敬遠されそうなのですが、 月々の「光熱費」や「健康」、「快適さ」  なんかに直結するめちゃめちゃ 大切な性能の事で、 今、改めて少しずつ 注目されはじめているものなんです。     「断熱性能」に関しては ハウスメーカーさんでも よく説明してくれると思うので、 そんなに性能にこだわりのない方でも その大切さがわかるかもしれません。     しかし、お金をかけて 「断熱性能」を良くしても、 「気密性能」を一緒に良くしてあげないと、 実はあまり意味がなくなってしまう事は、 ほとんど説明されないみたいなんですね・・   そこで! !   今回はこの「気密性能」にフォーカスして ご紹介していきたいと思います!     マニアックな内容ですが、知らないと 本当に後悔しちゃう内容です!     気密性能・・  つまりは 「家にどのくらいの穴が空いているか?」  って事です。    昔の日本家屋は「夏」に 重きを置いて作られており、 家の中に風が通るようになってました。  なのでむしろ穴だらけのスカスカです。   換気扇など使わずとも 十分な換気もできていたのです。     しかし現代の夏、  日本は熱帯化が懸念されており、当たり前に 30℃を越える日が続いています。 グラフの示す通り35℃以上の猛暑日も 年々増加傾向です・・       高温多湿な風を 家の中に通したところで、 涼しくなるわけもなく、 熱中症のリスクも下がりません。   湿度が下がらないのでダニも増えるし、 カビなのどの原因にもなります・・   あっ ところでダニの繁殖って 湿度にすごく影響受けてるのを ご存じでしょうか? 相対湿度60%を超えたあたりから ガンガン繁殖し始めます。 その繁殖力はかなりすごくて、 理論上は10匹のダニが3ヶ月後で 1万匹になるとも言われてます・・・   怖すぎですよね。         話を戻します・・   今年の夏に節電が叫ばれていたのは、記憶に 新しいと思います。 しかし、TVでは 「我慢せずエアコンを適切に利用して下さい」 とアナウンスが流れる状態でした。   つまりは、夏に風通しを良くする 旧来の日本型家屋では、 夏の暑さに対応できない時代なんですね。   冬場なんて、更にです。 隙間からどんどん冬の冷たい空気が入ってくるなんて、 寒すぎます。 ありえないですよね。   冬場に床が冷たい、部屋の低いところと 高いところで温度差が生まれるのって、 この隙間のせいでもあるんです。   空気は温めると軽くなり 上昇する力が生まれます。   ちょっと熱気球をイメージして下さい。 熱気球って温めた空気だけで、 人やものを乗せてドンドン上昇しますよね     温められて軽くなった空気って 思ってる以上に、 上へ上へ と向かいます。 この現象、冬場の家の中でも 実は同じことが起こってまして、 エアコン等で温めた空気は 想像以上にどんどん上昇していきます。   さて、ここで重要になるのが「気密」です。 「気密の悪い家」つまりは 「隙間(穴)が多い家」は、 温まった空気が、屋根近辺の穴から どんどん抜けていきます。 それはもう どんどん と。         そして抜けた分の空気は、 必ずどこかから補充されます。 つまり外から入ってくるのですが、 これが床面周りの穴からになるわけです。   キンッキンに冷やされた冷気が、 どんどんと入ってくるわけです。 その結果、いつまで経っても 床が氷のように冷たい  ってなっちゃうんです。   冬の冷たい床って、本当に不快ですよね・・     そして寒いと思うと、エアコンの温度を あげたくなるのですが、  そうすると、エアコンから より温められた空気が出るので、 「上昇する力」が 更にアップしてしまいます・・    結果、出ていく暖気の量も増え、 入ってくる冷気も増えるという、 とても悪循環な状態に なってしまっているんですね。   そしてこの状態は、 足の部分と頭の部分で温度差が生まれいるので、 とても不快になり、エアコンが 嫌われ物になってる原因にもなっています。   悪いのはエアコンではなく、 家の気密だったというわけです。     気密の大切さについて、少しずつ ご理解いただけてきましたでしょうか?     でも、気密が良い家って聞くと、 「なんだか息苦しそう」 っていうイメージがあったりしませんか?   実は私もその一人でした・・   しかし!   家の性能について学んでいくと、 気密をしっかりとった方が、 換気も効率的にできることを知りました。 逆に、中途半端な気密状態が、換気にとって かなり悪い事も分かりました。   「隙間がある方が換気の効率が悪いって どういう事?」  って感じですよね。   家の換気計画は、空気の「入口」と 「出口」を設定します。   一般的に数多く採用されている換気の方法は、 「第3種換気」と言いまして、 入口に開口部(自然給気)を作り、 出口は換気扇(機械排気)で排気 といった仕様です。   換気扇で空気を外に出すことにより、 リビング等に設けた開口部から新鮮な空気が入り、 家中を換気する というわけです。   さて、日本の家のほとんどで採用されている、 この「第3種換気」なのですが、 気密が悪いとどうなるか?   お気づきかもしれませんが、 所々に空いている家の隙間(穴)から 空気が入ってくるので、 「ここから空気を取り込もう」 と決めた「入口」(開口部)からはほとんど 空気が入ってこなくなります。   逆に換気扇近くの隙間(穴)から空気が入ってきて、 すぐに換気扇から出ていく  というショートサーキットを おこしてしまうわけです。 こうなると、本当は入替をしたい リビングの空気は いつまで経ってもそのまま という状態になるわけです。       例えば、リビングの匂いがいつまで経っても 残ってしまうのはこの為です。     逆に、気密の良い家は、他に隙間(穴)が ほとんど空いて無いので、 狙った「入口」(開口部)からちゃんと 空気を取り入れ、 廊下などを経由して、「出口」 である換気扇から スムーズに排出されるわけです。       高度成長期、住宅の着工棟数はぐぐぐーーっ  と伸びました。 そして、これに重なるようにぐぐぐーーっ  と増えているのが、 室内の「チリ・ダニ」の数です。   「チリ・ダニ」の数が増えることで、 何が増えたか? それは、喘息の患者さんなんです。 成人喘息の患者さんは、 今や15人に1人と言われ 国民病になってしまっています。   これは、 「中途半端な気密」の家が増えている事が 原因じゃないか と言われてます。     ところで、「高気密な家」と、色々なところで キャッチコピーを見たりするのですが、 どのくらいの気密性能があるかを 公開しているところは、 実はかなり少ないんです。   「えっ どのくらいの気密性能があるのか ってそもそもわかるものなの?」 と質問が来そうですねー       大丈夫です‼︎ これ、ちゃんと 測定が出来るんですよ!   「C値」って聞いたこと ありませんか?   「C値」とは、 延床面積1㎡あたりに、 どれだけの隙間が空いてるか を示す数値となります。   数値が小さいほど、 空気の出入が少なくなるのでより高気密 と言えますね。   「C値」は家の住み心地を左右する、 家づくりをする上でとても大切な指標です。    測定には特殊な機械を使って、 現地で測る必要があり、コストがかかります。   また、気密を良くするためには 隙間を小さくする必要があり、 高い施工技術が必要になります。   お金をかけて 断熱材を多く入れれば 高めることができる 「断熱性能」とは違い、 一朝一夕では なかなか良くすることができないのが 「気密性能」になります。   ですが、これからの家づくりでは当たり前に 高めていかないといけないモノに なるのは間違いありません!     ちょっと小難しい内容ではあるのですが、 お金と快適性、健康な暮らしも 左右する内容です。   せっかくの家づくりなのでぜひこの 「気密性能」 にこだわっていただければと思います!   安部でした。

家づくりの金額比較

家づくりの金額比較

家づくりマニア 安部のつぶやきコラム 「家づくりの金額比較」 突然ですが質問です! 30坪で2000万円の住宅  と 30坪で2500万円の住宅 どちらが高いでしょうか? この質問、とあるYouTubeで説明されていた動画を見て 私がアレンジして作ってみました。 ・・ちょっとキャッチーかなぁ と思って。 って言いながらこの質問、 実はこのままでは比較ができないんですね。 なぜなら、「どんな仕様の住宅か」 が、何も書かれていないからです。 あっ !ここで言う仕様とは、 『気密性能』と『断熱性能』の仕様だと思って下さい。 ・『気密性能』とは 家中無数に空いている穴の総面積が小さくなれば良くなります。 ・『断熱性能』が良くなると 室温が外気温の影響を受けにくくなります。 この『気密性能』と『断熱性能』 よくなると、何が変わってくるのか? それは、ズバリ! 光熱費が安くなります! 多くの方が家を建てる際住宅ローンを利用されると思います。 「100万円多く借りると、月々の支払いが3,000円程度増える」 これは、35年間の住宅ローンを組む際、よく使う例えです。 (もちろん金利によって変わる話ですが、分かり易いイメージとしてですね) つまり 100万円高いが光熱費が月々3,000円安くなる家 と比べ 100万円安いが光熱費がそのままな家 では支払い額はトントンとなるイメージです。 どうせ払うなら自分の所有する家の方に投資した方が 良いと私は思うのですが、如何でしょうか (光熱費ってただの捨て金ですからね・・  言葉がお下品ですが) また高気密・高断熱の住宅は、 間取りや換気の方法を工夫することで、 家電量販店で売っているルームエアコンが、 たった1台で家じゅうまるっと!  温度調整ができるようになります。 みなさんのご家庭では、エアコン何台ついてますか? 例えば、4LDKの間取りにそれぞれエアコンを1台つけると 5台必要になる計算です。 家電製品の寿命は10年程度 と言われていますので、10年毎に、 エアコン5台の費用が必要となります。  (ちょっと乱暴ですが) これが1台ずつの交換で済むとなると・・どうでしょう? めちゃくちゃ、圧倒的にお得じゃないですか? 仮に30年間で計算しても、15台対3台です。 一台キリよく10万円として計算してみましょう。 15台×10万円=150万円   3台×10万円=  30万円 その差、なんと120万円です!   また室外機の数も変わるので、外観の見た目も良くなりますよね! (かっこいいは正義です きっと!!) ここまでの説明で、 「いやいや、光熱費なんて我慢すればいい」 と、お考えの方、注意が必要です。 「我慢する」 これは日本人の美学であり、素晴らしいと思いますが、 美学も健康であってこそ だと私は思います。 ヒートショックで、年間にどれくらいの人が亡くなっているか ご存じでしょうか? 実は、19,000人もの方が、命を落としてしまっている・・ というデータがあります。 例えば、昨年交通事故で亡くなった方は2600人程。 比較してみると、交通事故で亡くなる方より遥かに多い数字です・・ これは、寒暖差の激しいこれまでの日本家屋に原因があると言われています。 断熱性能、気密性能が低い家の場合  居室だけに暖房を入れて暖をとりますよね。 そうなると、 廊下が寒い、トイレが寒い、脱衣室が寒い  といった状況になるわけです。 (だからと言って、この状態で家全体を温めると、凄い光熱費になりそうなので、怖いですよね) 「我慢は美学」と言っちゃいましたが、我慢せざるをえない環境が 悪です・・ そして、ヒートショック等で脳梗塞なんかになってしまうと、 800万円以上の医療費がかかってしまうという試算結果があります。 800万円かけて完治できれば良いですけど、 そうも望めないのが現状でしょう・・ 住宅をご提案している立場として、この現状を本当になんとかしたい。 我慢しなくても快適に過ごせるような、家づくりを 健康で 楽しく長生きできる環境を提供するのも、 こんな仕事をしている自分の役割だと思っております。 高気密・高断熱の住宅は、我慢せずに少ない光熱費用で生活できますし、 部屋毎の温度差が小さくなり、ヒートショックのリスクが格段に下がります。  何より、脱衣室やトイレなど、家中どの部屋に行っても 同じような温度環境というのはこの上なく快適です。 夏場トイレでダラダラと汗を流しながら・・・ なんて事ともおさらばです! 更に 「冬場の住環境が暖かくなるだけで病気が改善される」という研究結果もあります。 『冬場に1℃暖かい家に住むと、脳神経が2歳若くなる』って報告もあるんですよ! これって凄くないですか!? さて、この 高気密・高断熱 が大切なのは、なんとなく分かってきたけど、 じゃーどうやって確かめればいいの?? って話になりますよね 実はこれ、すごく簡単な方法がございます。 ・気密性能はC値   住宅の延床面積1㎡辺りにどれだけの隙間が空いているかを示します。  ・断熱性能はUa値   どれくらい家の熱が外に逃げやすいかを示します。 という値で、いろんな会社さんの性能をまるっと比較できちゃうのです。 衣服に例えると、 気密がウィンドブレーカーで 断熱がセーター  って感じでしょうか。 どちらも、数値が低い方がより隙間が小さく、熱が逃げにくいということになり、 性能が優れているということになります。 この二つの性能が高い優れている家は、少ないエネルギーで家中丸ごと空調できます。 なので、家全体を同じくらいの室温にすることが可能なのです! 夏場はどの部屋へ行っても涼しく、冬場はそもそも家の中なら薄着で過ごせます。 洗濯物だって減らせますよね。 これは、圧倒的に快適です。 本当に圧倒的です!! 最初の質問に戻りますが、 「住宅の金額を比較する際はこのC値と、Ua値を合わせて比較すること」 が必須になる という事を、お伝えできたでしょうか? 「性能値を比べる事は金額を比べる事と同じ」 なんです。 なんとなくでも、伝わっていただけたら嬉しいです! エネルギーがどんどん高騰してどこまで高くなるか想像できない世の中です。 この性能値の話を、ぜひ住宅選びの参考にして下さいね。

 

検索ワードを入力してください。