新築・戸建住宅(戸建事業部)

ぶくぶくぶく | アイビックホーム

iBIC HOME
松下 晃雄
×

STAFF BLOG

「松下 晃雄」のスタッフブログ

file 022  『好きなことが一番』

file 022  『好きなことが一番』

帰りはあえて、日豊本線の各駅停車に止まる列車に乗る。 特急では止まらない駅から見える、憧れの平屋が見たいからだ。   もう一度 家を建てる機会があれば、電車から見えるあの素敵な平屋のようにしたい。 次はこうすればよかった がないように建てたい。 まさか、そんな日が来るとは・・・     夫婦二人暮らし、ご主人からの要望はただひとつ。 「妻のやりたいことが、私のやりたいこと。」 その一言からは、優しさが伝わってきました。       ご夫婦はいつも、建築士の足立と打ち合わせを重ねるのを楽しみにしていました。 アイビックのホームページ実例集や YouTubeを熱心に研究。 その熱心さは、イメージの憧れ から 現実の憧れ にどんどん進化していきました。 求めていた憧れに、図面がどんどん近づいているのを目の当たりにしました。     ご自宅での打ち合わせの日には、いつもおいしいご飯を用意してくれていたご夫婦。 飲食店を経営していたので、料理のプロ。 厳選した肉をガーリックライスの上に乗せ頬張ると、上質な脂の旨みがライスと絡み合い うまいのなんの。 「松下くん、ステーキはこの食べ方が一番うまいんよ」 足立はあまりのおいしさに、 「おかわりあるか尋ねて」 とアイコンタクトしてきました。   キッチンに立っている仲睦まじい2人を見て、新しい家での様子が目に浮かびました。 今より広くて、二人でも動きやすいアイランドキッチン。   要望の憧れを、足立はこんな風に表現したのか。     ステーキを頬張りながら、「やるじゃん、アダっちゃん!」と呟きました。   新築が完成したら、「ずっと欲しかった包丁セットを飾りたい」と嬉しそうに話してくれたのが忘れられない。     道路を挟んで、南側に4階建ての建物からの視線が気になる。 外観と一体化するように、外壁と同じ塗り壁でつくった塀が、リビングへの陽の光を遮ることなくプライベートを充実させてくれる。 そのおかげで、大きな窓からつながるウッドデッキで誰からも邪魔されることなく、気持ちいい風を感じながらくつろげる。     室内の壁には「どうしても珪藻土を採用したい」と奥さんにお願いされた。 仕事も落ち着き、家にいる時間が増えたから。 空気も食べ物と一緒。体に取り入れるものはこだわりたい。   そこで、第一種換気との相乗効果を伝えた。 迷わず採用してくれた換気システムは、綺麗な空気が家の中を泳ぎ回っているのがわかる。 あんなに嫌な、ジメジメした梅雨も平気。     打ち合わせを思い返しながら、完成した家を眺めていると、 ご夫婦の憧れは、お互いを思いやりながら、好きなことをするのが一番幸せなことだと気づきました。 いつも一緒にいる。 大ファンの大谷翔平選手の試合を、仲良くカウチソファーに座りながら応援してもらいたい。     日豊本線の特急も止まる最寄りの駅から見える平屋は、 次は誰かの憧れとなる。   松下 晃雄                 この投稿をInstagramで見る   アイビックホーム公式(@ibichome_official)がシェアした投稿

松下 晃雄
松下 晃雄
file 021『オーダーメイド二世帯住宅』

file 021『オーダーメイド二世帯住宅』

自由設計で二世帯住宅の可能性をオーダーメイドでいいとこどりしました。 そんな二世帯住宅の完成見学会開催。     お施主さんとのはじまりの日。 ヒット展示場は人で溢れていた。 誰もが耳にしたことある歌が流れてきた。 なにがきみの しあわせ♬ なにをして よろこぶ♬ わからないままおわる そんなのは いやだ♬ おかえり。 コロナでずっと自粛していた人気イベントがやっと解禁となった日でした。   「すきなように二世帯住宅、できますか?」 二世帯住宅の経験値を積んでいたおかげで、的確な提案をすることができました。   家族の人数が増えるほど、生活の時間帯はバラバラ。 それなら、自然に配慮できる動線を作り、プライベートを充実させればいい。 なんと今回は、一人一部屋! 贅沢すぎる!羨ましい!!   二世帯の醍醐味は、助け合えること。 子どものお迎えの時間、仕事が立て込んでしまいピンチ。 帰る場所が一緒なら、家族みんなで協力し合える。 誰かが体調を崩しても、誰かが助けてくれる。 心の中で、助かると何度思えることだろうか。 そんな安心感が嬉しい。 醤油が切れたときも、迷うことなくもらいにいけばいい。   まだまだ醍醐味はある。 1階のLDKではみんなでゆったり集えるスペース。 子どもは最高に楽しいだろう。   1階にはテラス、2階には大きな屋根付きのバルコニー。 今日はどこで遊ぼうか悩ましいほどだ。     二世帯住宅にしかできないことがこの見学会で見れます。 あのアニメソングのように何世代も受け継いでいけますように。   松下 晃雄

松下 晃雄
松下 晃雄
file 020 『自慢のROOMTOUR』

file 020 『自慢のROOMTOUR』

この家を目の前にして、 心がおどらない訳がない。   高鳴るこの気持ちは、どんどん引き込まれる。     カメラのRECの合図が鳴る。   玄関扉までのアプローチを、アンミカさん並みにランフェイ。   扉を開けると、そこには想像以上の素敵が待っていた。 良すぎて見せたいところばかり。 はやる気持ちを抑えて順を追ってルームツアー。   「時間を買おう」 ご主人の一言からはじまった家づくり。   今、私の目には、こんな景色が広がる。     ダイニングで、大好きなJAZZを流しながら過ごす奥さんの姿。 書斎でコーヒー片手に、中庭で遊ぶ子どもを眺めるご主人の姿。 どこにいても繋がっているから、のびのび自由に遊んでいるお子さんの姿。     JAZZのように、 自由でアドリブのきいた生活が豊かな感性をつくりだしてくれる。 そこは、常に特別な時間となる。   方程式のない、自由な答え合わせがそこにはある。       自由設計でやりたいことを全て入れた。 みなさんの目にどう映るか楽しみです。   松下バージョン、 5週連続ROOM TOUR。   4月6日、21時 「公開」   松下 晃雄

松下 晃雄
松下 晃雄
file 019 『雨男のROOM TOUR』

file 019 『雨男のROOM TOUR』

  要望は、 アルプ展示場のような家。   笑顔の素敵な20代のご夫婦は、希望を込めてそう伝えてくれました。   展示場は、華がある。 そんな展示場のような華を受け継いだ家のROOM TOUR。   あの笑顔の素敵なご夫婦の家は、自分たちだけの オリジナルの展示場になってるじゃないですか。 天候は雨でしたが、オープニング画面から華のある特別感が伝わってくるはずです。         防災に強い高台に完成したその家の外壁は、アルプ展示場と同じ組み合わせ。 こんなに素材感がかっこよく、陰影との相性がいい外壁材はあるだろうか。 SOLIDOの鉄黒が塗り壁をより引き立たせてくれて、彫りの深い美形のフェイスになりグーぅ。       玄関ドアを開けると一瞬でその世界観に引き込まれる。 やわらかいグレーの世界に、オリジナル色のアイアン階段がお出迎え。 このアイアン色は、好みの色のオーダー色。           天然のアカシアらしい美しい模様が、LDKまで一面に広がっている。 段差までも利用したテレビ収納は、見た目も収納量もまたしてもグーぅ。       大きな窓を開けると、気持ちいい風が遊びに来る。 わんちゃんがしっぽをフリフリしながら気持ち良さそうに散歩している。 別府湾の水面には、太陽の光が鱗のようにキラキラ光り輝いている。   リビングにいると、気づけば心にも華を添えてくれる。   自由設計には、期待以上になる「チカラ」がある。   3月30日、21時 松下バージョン4週目「公開」   松下 晃雄

松下 晃雄
松下 晃雄
file 018 『ROOM TOUR 13テイクの裏側』

file 018 『ROOM TOUR 13テイクの裏側』

とある極寒の2月。 寒いはずなのにエアコンがきいていてあったかい。 もう、Tシャツになりたい。 そりゃそうか。 今回の家は、気密のC値は0.1㎠/㎡、断熱のUA値は0.5W/㎡・K。 性能が優秀だと、こんなに快適なんだ。     この感動を画面越しに伝えたい。 そんな気持ちでいざ撮影に望むが、 全然うまく行かず説明書を読んでいるようだ。 何度もRECを繰り返すこと13回。   撮影はなんとか終了しましたが、どうもモヤモヤが残る・・・   翌日、お施主さんと完成した家で話をしていると、 「めっちゃ完璧!」 「ほんとにいい家!!」 あまりの良さに、言葉で喜びを伝えてくれました。   よし、もう一度撮り直そう。 この感覚をROOM TOURで表現したい。   ガースーに連絡すると、まさかの同意見。 この日は初めっから、Tシャツ1枚で撮影に望みました。     お施主さんのあの喜びと嬉しそうな顔を思いながら、言葉に熱を入れました。     白ベースの部屋に北欧ポップのインテリアが、春に咲きはじめた花を見つけた時みたいにわくわくする。 吹き抜けにはキャットウォークで大きな窓からニャルソック。 動線は回遊できるから生活のしやすさがイメージでき、家づくりの参考になるのは間違いない。 高気密・高断熱で高性能だから、換気システムがどの部屋にも綺麗な空気を均一な温度で届けてくれる。 しかもエアコン一台のパフォーマンスはLDHなみ。     あんなに苦戦した撮影。 カメラをとめることなく松下節で案内しました。   3月22日、21時より 松下バージョン3週目「公開」   松下 晃雄

松下 晃雄
松下 晃雄
file 017 『今回のROOM TOURは』

file 017 『今回のROOM TOURは』

「今、ホームページの実例集 No.40を見ているのですが、 部屋数と広さを教えてもらえますか?」 人の動きもあわただしい12月の夜。 事務処理をしながら受けた1本の電話がはじまりでした。 問い合わせの家は、私の担当した家だったので、 こだわりポイントや、この動線にした理由を、 展示場を案内するかのように話しました。 電話越しでしたが、 家づくりへの情熱がとても伝わってきたことが印象的でした。     そんな電話での運命の出会いから数日が経ち、 そのお施主さんは展示場に来場してくれました。   「うちには大人数集まるから、LDKはできる限り広くしたい。」 「大きな車も停めれるように駐車場も広くしたい。」   身長の高いご主人(185cm以上)は、 「将来、子供が自分の身長を抜くのが楽しみ。 リビングは折り上げ天井にしてほしい。」 「すくすくと育つような家であってほしい。」   県下の住宅会社は全て見たらしい、奥さん笑 そんなあとでも、どんな家づくりがしたいか熱心に伝えてくれて 家づくりへの情熱がとても伝わってきたことが印象的でした。   「その想い、アイビックで試してみませんか?」 「提案が気に入らなかったら、すぐ断ってください。」 それほど理想を形にする自信がありました。   自由設計に全ての要望が入った家が完成。     家の正面から見た外観には窓がないのに、家の中は明るい。 LDKはカメラの画面に入りきらないほど、広くてカッコいい。     身長はご主人より高くないけど、腹回りは負けてない。 183cmの松下が、のびのび案内します。   あの電話から始まった家づくり。 家づくりへの情熱はどう形になったのか。   本日3月16日(土) 21時 ROOM TOUR #54「公開」   松下 晃雄

松下 晃雄
松下 晃雄
file 016 『5週連続ROOM TOUR』

file 016 『5週連続ROOM TOUR』

ガースー「今日のルームツアーは11月にアップ予定!」 松下「ちょっと待った。10月から1月まで毎月ルームツアー撮影するから、4週連続にしてくれん」 ガースー「・・・また、色々考えるな!」   10月の空が一番高く見える日。 ストライプのシャツを着て、擬音多めのオーバーリアクションで、構想を伝える。 テンションの高さに、菅原さん(ガースー)苦笑。   2月になり、動画もほぼ完成。 そんなタイミングで、引き渡しが早まった新築があり動画撮影も前倒しに。   ガースーは、家を見るなり 「5週連続にするよ?」 それ、めちゃくちゃ熱あるな。マジ、テンション上がる。39〜     ROOM TOURはワンテイクにこだわって撮影。 施主さんと出会ってから、時間と想いが形になった家。 その感動と喜びを感じ、言葉にも一気に熱が入る。   アイビックの家はどれも素敵。 その中でも、自分が担当した家は 格別に素敵で、一番のファンである。   動画の発信を始めた当初は、上手くいかずへこんでばっかだった。 アイビックを発見してもらいたい、もっと知ってもらいたい。 だから、めげずに撮影を続けた。 自由設計を知らないのは、もったいない。   自由設計の家づくりはこんなにも魅力的で、自由自在にできる。 できないことがないから、迷うことなく思い描いたように家づくりができる。 形にハマってしまうのは物足りない。 自由設計のおもしろさを経験したら、それ以外はしきれん。 ふたつと同じものがないから、こんなに胸を張って案内ができた。 わくわくと感動がとまることはない。   今回のROOM TOURも、 部屋のどこから見ても、素敵さがわかる。 施主さんが描いてきた手描きの図面から始まった家づくり。 キッチン、ダイニング、タタミコーナー、どこにいても人を感じ人を想う。     本日20時30分より 松下バージョン1週目「公開」   松下 晃雄

松下 晃雄
松下 晃雄
file 015  『ブレない完璧』

file 015 『ブレない完璧』

「やりたいことができないのなら 家は建てたくない」   そんなブレないお客さんが、2年前の2月。 冷たい雨が降りしきる中、とある見学会に来場してくれました。 LDKのど真ん中で、直球ストレートの質問にフルスイングで返答。   あれから2年。今度はやりたかったことが叶った家のLDKで、 大きな窓から外を眺め、S様とのやりとりを思い出してました。     2年前、S様は、頭の中で描いている構想があり、 「リビングはもっと広げたい」 「こんなキッチンが入れたい、動線はこう」   答え合わせをするように、見学会場を見て回っていました。   あまりにも集中していたので、話し掛けずにじっと一言目を待っていました。 一つ目の質問って、そのお客さんが重要としている事だからです。 さぁどんな質問がくるか、ワクワクしながら待っていました。 「やりたいことの対応は可能か?」 自由自在に注文住宅で、自分の好みをブレずに作り込んでいきたのがわかりました。   奥さんの表情を見て、結論から伝えた方がいいと直感で判断。 最短でストレートに返答しました。   それから後日。 まだまだ寒い日、稙田の展示場にご家族で来場。   エアコンたった1台で家中が暖かいことを、大変気に入っていただきました。   一緒に来たお父さんは、住宅のことに詳しく、的確な質問ばかり。 性能、仕様、保証の説明をみなさんに話しました。   アイビックの家づくりの自由度と対応力がイメージできたようで、 「土地探しも手伝ってくれますか?」と、帰り際に頼まれました。   夏にまた連絡があり、さらに具体的な打ち合わせをしました。 他の土地でも資金計画をして、何通りか提案。 しかし、実家の周辺以外は見向きもせず、場所でもブレないのがわかりました。   知り合いから土地の話がでたこともありましたが、 上手くいかず皆で落ち込んだのも、今となれば思い出。 残念でしたが、 「必ずこの地域ならいい情報が入ってきます。チャンスは突然やってきます。 準備をしっかりして、その時に備えましょう。」   気づけば、チームとなり絆が生まれていました。   年も明け、家族も増え そんなとき、土地探しに奇跡が・・・ おじいちゃんの散歩コース、解体している家を発見。 調べることに。   ほら、チャンスは突然やってくる。   別件で不動産屋の人と話していると、 「今度このエリアで土地が出ますけど」 なんと解体している土地ではないですか! これがぞくに言う“おじいちゃんの散歩の奇跡“   準備をしっかりしていたからこそ、迷いなく次のステップに進むことができた。   その土地で、2年分の想いを図面に込めました。   玄関から冷蔵庫とパントリーの動線は2年前言っていた通り。 買い物から帰ってきた時、すぐに荷物をしまうことができる。   1階につくったファミリークローゼットは2方向から行けるウォークスルー。 換気システムの排気口を増やして、湿気対策は想像以上。     LDKは白ベース。 何度もショールームで確認した グレージュのキッチンはこれしかないと思える存在感。 北欧ポップのコーディネートがこんなに映えていいんだろうか。   猫の姫ちゃんも絶対気に入ってくれるはず。   家の性能も優秀で、 気密の数値はなんと0.1㎠/㎡ 第一種換気システムを導入し、空気環境がパーフェクト。 鼻炎がひどく辛かった症状も楽になった。 これは2年前には想像してなかったと思います。   完成間近。 「私たちも実際の家を見て家づくりの参考になったので、是非見学会を開催してください。」 家づくりを考えている方の参考になればとの思いから、見学会を開催させていただきました。   そんなS様は見学会の当日、知り合いや、両家の皆さんを呼んで、 「いいでしょ?完璧!」と嬉しそうに案内していました。 案内した数は、私の花粉症薬の1日分より多く、とても素敵な時間でした。 その光景は、担当として一番報われる瞬間でした。   「松下さんならいつものように、インスタライブとYouTubeも好きなように使ってください。」 では、私も2年分の想いを込めて表現させていただきます。     この投稿をInstagramで見る   アイビックホーム公式(@ibichome_official)がシェアした投稿   引き渡しの前に質問してみました。 なぜアイビックで家づくりをしようと思ったんですか?   「はじめに見学会に行ったときは、1社で決めずに色々な会社を見ていました。 他社の展示場も魅力的だったので時間をかけてみてまわりました。 でも・・・ 実際の完成見学会に行くと展示場とは全然違うイメージでした。 アイビックの見学会だけ理想に近かったので決めました」   LDKの扉を開けると、ご家族はこう言ってくれました。 「完璧」 松下 晃雄

松下 晃雄
松下 晃雄
file 014『ファミレスでのコラム執筆』

file 014『ファミレスでのコラム執筆』

テーブルには、気の抜けたジンジャーエールとiPad。 店内には2組、時間は午前中。 老夫婦が消化が良さそうな雑炊を食べていた。   大分発祥のファミリーレストランで、#4コラムの完成に向けて追い込む。 今回のテーマは「玄関」。   玄関は、なぜ「家の顔」って表現するんだろう?   そんなことを考えながら、7月から書いています!   その結果、文字数は4700文字を超えていた。 この文字数だと、見直すだけでも毎回時間がかかる。 読めば読むほど気づく、「やばい、完全に散らかってる」     内容自体は悪くない。 「よし、引き算に入るとしようか」 その前に、呼び鈴を押し、金曜日のランチメニューから ペッパーハンバーグ&ひとくちチキンソテー を注文する。 時刻は11時15分。昼には早いが、我慢できんやった。       待っている間も、散らかった文章の移動と引き算をひたすらする。 店内にはランチを楽しむ老夫婦が増えた。 ネギトロ丼を美味しそうに食べている。 せっかちなお客さんが格闘ゲームの必殺技のように、呼び鈴を連打する。 押すたびに小鳥の鳴き声がこだまして、森にいるようだった。   しかし、コラムの文章はまだ散らかったままだ。 そのとき、動画撮影を終えた菅原さんから連絡が・・・ 「お正月のインスタライブの件なんだけど〜」 あちらの要件をそっちのけで、 「ちょっとコラム手伝ってくれん?」 30分後。MacBookを小脇に抱え、菅原さん到着。 まずはランチを頼んだ 笑     食べ終わると、リアルゴールドを氷少なめでグラスに注ぎ、 ようやく文章に目を通し始めた。 それからは、目つきは変わり、散らかった文章を、項目ごとに信号機かのように3色に分けた。 さらに採用文章に色を入れて4色にした。 さすがや、ガースー   さらにチョコパフェも追加で頼む 笑 まだ、食べるんや。     それからは2人であーじゃない、こーじゃない、組み合わせながら、つなげていく。 黄金比の面長 と 妖怪よどんだ集会場 のくだりは気に入ったらしく、何度も絶賛してくれた。     ある程度まとまった頃には、17時を過ぎていた。 「今日はここまでにしようか。あとは締めの文章は来週までに完成させる。」     店内には夜ごはんを食べにきた老夫婦が数組いた。 消化に優しいうどんを、美味しそうに食べていた。     外に出ると車は多く、忘年会がピークの気配がした。 長居した、ファミリーレストランのスタッフさん お世話になりました。         半年ぶりのコラムお待たせしました。   家づくりを考えているみなさんが「家の顔」にどんな想いを込めるのか。 その顔を目にした人の目には、何が映るのか。   案外、ゆめの国は近くにあるかもしれませんよ。   コラム#4玄関  本日「公開」 松下 晃雄                   

松下 晃雄
松下 晃雄
file 013 『この場所に展示場のような家を建てたい』

file 013 『この場所に展示場のような家を建てたい』

明日 12月2日から開催される、日出町の完成見学会 会場。   その場所からは、光でキラキラ輝く別府湾と、季節を告げる色に染まった高崎山が一望できる場所。     お施主さんと出会った当初は、日出ではなく他のエリアで探していましたが、 心が動く場所はなかなか見つかりませんでした。   そんな中、日出町の宅地情報が入ってきたので、すぐさま現地へ足を運びました。   なんて景色のいい場所なんだろう。 区割りもしっかりしていて整備された宅地だから、お施主さんと同年代の方も多く住われるだろう。 周りは高い建物もなく、防災に強い高台で風も気持ちいい。 散歩やペットとの生活環境は最適。 ここなら、お互いの実家へのアクセスもちょうど中間地点。 それと、この景色をお金にするといくらになるんだろう?   お施主さんの第一希望地ではありませんでしたが、 この場所なら心に響くかもしれない。 そう感じ、 その場で連絡をして、一緒に土地を見に行く約束をしました。   現地で待ち合わせの日。 車から降りてきたご夫婦は、景色を眺め、こう言ってくれました。   「この場所にアルプ展示場のような家を建てたい」 そんなお二人の言葉は、こんなふうにカタチになりました。     外壁は塗り壁とSOLIDOで展示場と同じ素材。     玄関ポーチの幅はゆとりのあるサイズなので 大判のタイルが奥行きの広がりを見せてくれる。   家族専用のシューズクロークは、可動棚とシューズボックスを組み合わせ、用途に応じて自由自在に収納できる。 靴やコートだけじゃなく、ゴルフ道具も邪魔にならずにすっきり収納できる。       見学会では、 衛生動線の確認もおすすめ。 「ただいま」からすぐに手を洗いに行ける。 そのままお風呂でも、部屋着に着替えるのでも、どちらでもスムーズにできる。   階段の位置は家の真ん中にあり吹き抜けになっている。 玄関ホールからダイニングまでが繋がっているから広く感じ、十分な自然光が行き届く。   展示場と同じ広さのピットリビングは、この景色も掛け合わさって特別な空間になった。 追加で造作のテレビ台を作ったおかげで収納の問題も解決。   ダイニングキッチンの折り上げ天井と間接照明がおしゃれで、まるでキッチンスタジオのよう。 LDK、どこにいても、心に華を添えてくれる。   海を眺めながらくつろげるウッドデッキもリビングから続いている。 外で快適に過ごすには、暑い日差しや紫外線を遮りたい。 屋根はリクシルのテラスSCを採用。カラーバリエーションが多く選択できるから、サッシ色とも合わせることができ、外観のイケメンさを崩すことなく、引き立ててくれる。     お施主さんがアイビックを知ったのは、近所でアイビックの家が建築してるのを見かけたのがきっかけだそうです。 こだわったおしゃれな家を建てる会社だという印象だったそうです。   そこで、展示場に来場予約をしてみた とのことでした。   もし、近所でアイビックの建物が建築していなかったら 出会うことはなかったかもしれません。   建築していても、こだわった家づくりをしていなければ 展示場に来てくれなかったかもしれません。   アイビックのこだわった家づくりを見学することで、 想像以上のものが伝わるかもしれません。   「こんなことも出来るんだ。」   注文住宅の自由設計には期待以上になる 「チカラ」がある。   みなさんの譲れないこだわりを発見できますように。   松下 晃雄         この投稿をInstagramで見る アイビックホーム公式(@ibichome_official)がシェアした投稿

松下 晃雄
松下 晃雄

検索ワードを入力してください。